忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

TA64 セリカ(4)

いやあ、世間はゴールデンウィークですか。
10連休とか、景気の良い方もいらっしゃるようですが、ワタシは仕事柄連休なんぞはとれず、
飛び飛びで2日間だけ休みがありました。

その貴重な休みを利用して、家族サービスの合間に家の部屋移動をしました。

今の家に住み始めて、やっと自分の部屋がもらえることになりました(嬉)
これでやっと、気兼ねなく模型が出来るってもんです。

これを機に、今まで使用していた塗装ブースを、部屋に合わせてリニューアルすることにしました。
もともとは、家の玄関の外で寒さに震えながら缶スプレー塗装をしておりましたが、缶スプレーからタミヤの缶エアーブラシになったのが5年前、そして昨年、家族の白い目に耐えながらコンプレッサーを導入し、簡易的な自作塗装ブース君1号で塗装をしておりました

そして今回、新たに自作し導入したその名も、塗装ブース君2号です。

 
これです。



じゃーん!(笑)

塗装ブース君1号の写真はありませんが、1号の反省を踏まえ省スペース、可動式をテーマに、
新たに自作しました。



エレクター下段に鎮座するコンプレッサーは、1号時代より使用するWAVEの317です。
他のコンプレッサーは使用したことはありませんので比較は出来ませんが、ウレタンも十分吹けますし、音もそんなにうるさくなく、必要十分なスペックを持っていると思います。



塗装ブースは、家で余っていた衣装ケースを固定しています。
そこに穴をあけ、アルミの10パイフレキパイプを接続しています。
ダストキャッチとして、換気扇フィルターをかませています。



フレキパイプを洗面器に接続し、台所用換気扇に合体しています。



そして吐出、てな流れです。

使ってみると、塗料の吹き返しも無く、ガンガン吸引してくれます。

塗装ブース君2号、非常にいい感じです。



そんな事ばかりやってたもんで、TA64はほとんど進んでおらず・・・やばい。



とりあえず、研ぎ出しして、ボディの黒いところは塗装しました。

ボディのタイヤアーチ前後にある窪みの部分は塗装しようと思ったんですが、綺麗に塗装
できなかったので、前輪後ろの小さいところ2つだけ、デカールにて対応。へたくそ・・。
ところで、この窪みって、今までエアアウトレットかなにかと思ってましたが、ただの
飾り、デザインだったんですね。知りませんでした。(あやうく穴あけるとこだった・・・)



そして小物をちょいちょい取り付けております。



なんか、お目目がかなり大きいなあ・・・。
もう直せませんが・・。

次回には完成させたいものですね。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PR

TA64 セリカ(3)

みなさんこんにちは。
随分と間が空いてしまいました。

最近は、仕事や家の用事が立て込んで、なかなか模型に
時間が割けない日々が続いております。

それでも、少しづつでも手は動かしておりました。


とりあえず、シャーシを組み立てました。




がっつり素組です。
フロントサスについては、キャスター角も直されているスゴ腕の方々も
いらっしゃいますが、ワタシはそのまんまです。
今回は、エンジンも載せません。(そんな技量もなし・・)


シートについては、裏にカーボンデカールを貼ってみました。



スタジオ27のデカールを、3分割くらいに分けて、マークセッターと
熱湯ティッシュ攻撃で貼り込みました。



で、シートベルトはいつもどおり、色画用紙を使用しとります。


はい、タイヤ以外、シャーシ完成です。



撮影のため、ドア内張りはまだ接着しとりません。

何とか、5月前半には終わらせたいなあ・・。




ところで、

以前、ペヤングのにんにく味を食べて大変な思いをしましたが・・・・





 

懲りずに買っちゃったemoji今度はキムチ味

体重激増中の折でありながら、こらえきれず購入。で、

今回は、結構辛かったけど、うまかったです。

また食べてみようかな、と思いましたよ。皆さんも是非。


これ食ったのが、夜中の1時だったのは内緒で・・・ヤバイよ・・・



TA64 セリカ(2)

どうもこんにちは。

TA64ですが、どの仕様にしようかと思いまして。
Belgaも考えたんですが、中東選手権のマルボロカラーにしようと思います。

画像が見つからなかったので、ラリーカーズがら。これです。



1984年のオマーンラリー、ドライバーは、M.ビン.スライエムです。結果はリタイアでした。

作るにあたって、懸案というか厄介なのがマルボロカラーの塗装です。
マルボロカラーを蛍光レッドで再現することになりますが、これが厄介。

クリアーを吹いたらデカールに悪さしたり、隠蔽力が低かったり、塗り分けが滲んだり、とにかくめんどい。

今回、マルボロカラーを塗装するにあたって、手持ちと併せて何種類か揃えてみました。



ちょっと、揃えすぎた。。

尚、マルボロカラーでお約束となっている、フィニッシャーズのMP4レッドは、
良いのは分かっているんですが、ツーコートなのと、お値段が張りますので敢えて今回は
揃えませんでした。(だってー、高いんだもん・・)
また、蛍光マルボロカラー界ナンバーワンの呼び声も高い、アサヒペンの油性スプレーも手に入りませんでした。

事前に、プラ板のチップを用意して、それぞれ塗装テストを行いました。
尚、感想はあくまでワタシの感覚ですので、あしからず。
 
まず、テストを行ったのがこれです。

    

アサヒペン水性、アクリジョン、ファレホです。いずれも水性ですが、上手く塗れば
ウレタンコートでいけるか、と思いましたが、私の腕では上手く塗装出来ず、今回は
採用見送り。なんか、水性はいろいろ難しいです。
ファレホは、良さげなんですが、扱いが難しいです。(ファレホは、ボークス取り扱いの、スペイン製水性カラーです)


次に、タミヤのスプレーです。
画像は、5年前くらいに作った635ですが、タミヤのスプレーを使用し、クレオスの
クリアーを吹いたものです。

 

作品の出来、画像は悪いですが、退色や滲みもなく、いい感じです。デカールは、確かMSMクリエーションだったと思います。フロントフェンダーに白字のデカールが貼られていますが、滲んでいませんでした。
タミヤのスプレーでもいいんじゃね?とも思いましたが、芸がないので却下(笑)すんません。



次はガイアです。
染料系でいかにも蛍光といった色彩です。意外と隠蔽力もありました。
ただ、染料系とあって、滲みが心配です。


フィニッシャーズのルミレッドです。
隠蔽、発色ともに文句なしですが、今回のマルボロレッドに使うには赤すぎました。

 
クレオスです。
塗料をカプセルで包んでいるため、滲みや退色が少ないとの売りです。
蛍光寄りの明るい色調ですが、隠蔽力、発色とも高く、かなり良いと思います。


最後は、バルケッタの蛍光レッドです。
顔料系であり、デカールへの滲みもなく、クリアコートも問題なしが売りです。
ガイアのOEMみたいです。
クレオスよりも落ち着いた色調で、隠蔽力も良いです。
1瓶800円と安くはないですが、50ml入りであり、1mlあたりの単価は16円と、
クレオスと同じです。

で、結局は、



バルケッタを採用しました。

クレオスでも良かったのですが、バルケッタの蛍光レッドを使ってみたかったんです。

ただし、クレオスであれば入手性も高いですし、カーモデルを作るのであれば、10mlの内容量でちょうど良いと思います。明るい蛍光色調でもよければ、クレオスでもまったく問題ないと思います。
バルケッタは、どこでも売っている、というわけではありませんし、カーモデル1台作るのであれば、50mlは多いのかな、と思います。しかしながら、今回の塗料の中ではワタシの理想に一番近かったので採用となりました。
蛍光レッド塗装後に、クリアーも吹いておきました。一応、染みあがり防止で。
 
 
で、今回はTABUのデカールを貼りました。
微妙にドアのゼッケン部分が大きいようですが、おおむね貼りやすかったです。



乾燥後、ウレタンクリアを吹きました。



今のところ、デカールも大丈夫そうですね。
塗りわけ部分も、滲んでないです。


さ、シャーシ行きましょう。






本当は、比較表とか用いて、ひとつひとつしっかり検証、実験してみたかったんですが、
くじけました。
なので、半端な内容になってしまいましたが、ずっとこういうのやってみたかったので、
なんかうれしい(笑)

TA64 セリカ(1)

みなさまこんにちは。

クアトロも終わり、次の作品に取り掛かりたいと思います。



やっぱりこれですかね。TA64。

確か、小学生のときに行ったモーターショーでTA64が展示されてたんですよ。
写真が残ってました。



子供心に、かっちょいーなー、と衝撃をうけた事を覚えています。

今まで、作りたくてもプラのインジェクションキットがなくて、オク等でもばか高い値段で取引されているレジンキットしかなかったTA64が、今回発売されて、もう嬉しいったらないですね。

ボディを見てみますと、シャープでかっちりした作りで、非常に好感が持てますねー。
ボンネットのルーバーも、しゃっきり綺麗に抜けてます。

  

さっそく、ボディの成形から。
新しいキットとはいっても、パーティングラインもありますし、リアウイング、フロントバンパーにはヒケもありましたので、修正しましょ。

 


あと、研ぎ出しの邪魔にもなりますし、塗りわけもへたっぴなので前後ボンピンとリアのオイルクーラー部分?のリベット、それからドアノブは削り落としました。
ドアノブは、削り落とす前に、おゆまるで型取りをし、エポパテで複製をしておきました。

 


 
ボディの修正が完了しましたので、フィニッシャーズのファンデーションホワイトを吹きました。
    
 
おおう。いいんじゃないでしょうか。
 

さあ、じゃんじゃん行きましょう。


模型の話じゃありませんが、



ペヤングにんにくMAX、興味本位で買って食べましたが・・・



食うんじゃなかった・・・
ものすごいニンニク臭!看板に偽りなし(笑)
家族から、大ブーイングです・・




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

クアトロ R6(7)

 さんざん遠回りしたクアトロですが、いよいよ大詰めです。

以前作った、アンダーガードです。
プラ板でササッと作ったなんちゃってガードです。



実物は、きっと形が違うのでしょうが、まあワタシのクオリティですので・・。



でも、装着するとペッチャンコな印象のタミヤキットが、多少厚みが出るように感じます。
見にくいですが。



そしてリアビュー。反射板は、ダイソーの赤いメタリックテープを張りました。

各種小物をつけて、完成にしちゃいます。



おお、いいかも。



リアビュー。実車はマットガードって付いてるんですかね?
今回は、マットガードが付いている画像が確認できなかったので、付けてません。
付け忘れでは無いんですよ(笑)



もうちょっと車高下げても良かったかなあ。



前作クアトロとツーショット。




以上でクアトロは終了です。


さあ、次はどうしましょ。


クアトロ R6(6)

今日は、スタジオ27さんのセールに行ってまいりました。

3ヶ月前にも行ってまいりましたが、家から近いので今回も出動です。



今日も、いくつか購入してまいりました。

次に作ろうと企んでいるデカールを購入できて、大満足です。

 

インプのレジンキットは、お安かったのでつい・・・(インプのレジンキットは、作る日がくるのか・・)


ルーフの塗膜が剥がれたクアトロですが、落ち込んでばかりもいられないので
リカバリーをします。



マスキングして

 

塗膜が剥がれたところをパテで埋めて、ヤスリでならしました。



ファンデーションホワイトで整えて、赤を塗って、リカバー完了です。
何とか上手くいったみたいです。超、遠回りです。
ウレタンクリアも再度吹いておきました。


ウレタンクリアって、重ね塗りをする場合は最初の塗装から24h以内に塗らないと、ひび割れ等が発生して上手くいかないってえのが一部定説になってます。某製品の説明書にも書いてあります。
ただし、塗膜が完全に乾いていれば、重ね塗りをしても問題ないようです。
某社の責任者の方に直接お聞きした時にも、完全に乾いていれば大丈夫、と直接教えていただきましたし、自分でも何度も重ね塗りしてますが、完全に乾いた状態であれば、塗装が破綻した
事はありません。

ただし、重ね塗りはオウンリスクでお願いします(笑)

さあ、次回で完成までいきたいところです。





また買っちゃったよ・・在庫の山が、山があ・・・

模型屋探訪(3)

クアトロの塗膜剥がれから、なかなか折れた心が復活しない毎日でございます。

そんな中でも、物欲だけはいささかも衰えず・・



BEEMAXの新作を入手しております。
自分の初めてのクルマがEF3だったりしますので、思い入れもひとしおでございます。
あーはやく作りたいなー。
在庫ばかりが増えていく・・・


製作ペースが一向に上がらない中、またまた模型屋さん巡りをしてしまいました。

今回は、神奈川県の大船駅周辺でございます。

まず最初に向かったのが、鎌倉ホビー館さんです。



大船駅から歩いて5分くらいでしょうか。

広い店内は、カーモデルだけでなくラジコンや、鉄道模型関係もあったでしょうか。
塗料や消耗品関係も豊富です。

カーモデルは、ベルキットのラリー関係や、最近ではあまり見なくなった、シミラーの
フォーカスなんかもありましたよ。

今回は、ピンとくるものがなかったので、塗料を購入しお店を後にしました。
(いやあ、気弱なんじゃないっすよお・・基本、何も買わずには帰らない、をモットーにしてるんでありますよお・・)

続きまして、やはり大船駅から歩いて5分くらいにあります、すずき模型店さんです。



もともとは、磯子にあった店舗が何年か前にこちらに移転されたようです。

綺麗で広い店内には、カーモデルはもちろん、各ジャンルの模型を取り揃えておられます。
塗料等の消耗品の充実振りは、目を見張るものがありますよ。

個人店舗でありながら、キットは1~2割引きで販売されておられます。
こういったお店は、大事にしたい、なんてえのはおこがましいですが、これからも
お世話になりたいと思います。

んで、すずき模型店さんでつい・・



また買っちゃいました。BEEMAXのTA64。

すでに1個持ってるんですが、ついつい買ってしまいました。ああ、次の小遣い日まで
生き延びられるのか・・。

でも・・

 

かっちょ良し、TA64.

やばい、作りたい!

そのためにも、早くクアトロを終わらせないと、ですよねえ・・

クアトロ R6(5)

いやあ、鼻水が止まんないっすねえ。
毎日つらいっすね、花粉症。


さて、クアトロでございますが、いよいよ大詰めです。

前作と同じく、テールランプは位置決めのダボを削り取り、出来る限り裏側を磨きました。
また、表からクレオスのクリアレッド、クリアオレンジを吹きました。

 
 
ボディ側のライト基部に、アルクラッドⅡを吹きました。




テールランプ合体の図。接着は、100均のエポキシ接着剤でございます。





サイドミラーですが、説明書だとAピラーの根元に接着するように見えるんですが、(実際、
前作はAピラー根元に接着してしまった・・)実車は、ドア部分についてます。

イモ付けするのも何なので、ミラーに軸を打って、(写真がボケてる・・)



こんな感じで接着します。

 



フロントガラスの鉢巻部ですが、青地にピレリの白い字なのですが、レジのデカールでは何故か
青地部分がないので、



マスキングして、ファンデーションブルー、クレオスのスージーブルーを吹きました。



こんな感じです。ムフ。


さー、いよいよ大詰め、ラストスパート。今日中に出来ちゃうか?みたいな感じ
だったんです。
塗装した窓枠が、一部ガタガタだったんで、再度マスキングして再塗装した
後に、マスキングテープを剥がしたとき・・・

パリッ!

 
 

ぎゃー!!やってしまった・・
マスキングテープの粘着は落としていたんですが・・
なぜに今頃・・、ここにきてのこれは痛い。

・・・しばらく旅に出ます・・

クアトロ R6(4)

「ねー、金魚の釣堀で、2匹釣ったんだけど、持って帰っていい?   ちょっと大きめだけど・・・

うちの息子から連絡がありました。
金魚?まあ、2匹くらいならいいか。飼育するもの、教育の一環だよね。ちょっと大きいっても、
金魚だし。

て事で、息子が連れ帰って金魚・・・え、金魚?金魚!?
でか!!てゆうか、ちょっとどころじゃないじゃん!!




てゆうか、もう一匹の黒いやつはお髭が生えてますけど・・・鯉・・鯉なのか??
どーしましょ、これ・・。


で、クアトロなんですが,
 とりあえず、ホイールですが以前レジンでキャストしたレジのホイールを
使おうと思ったんですが、キャストの腕の無さから、出来がナニだったんで、自作することに
しました。

何かのジャンクホイールのリムだけ切り出したものと、右はクアトロのロードバージョンのホイールです。
 


 クアトロのホイールのスポーク部分を切り取って、現物合わせてリムに接着します。


複製せずに、4本分製作します。
ちょっと、リムが深いですが、気にしない気にしない。
こんなんでいいのかなぁ・・・・・・

 

こんなん出来ました。タイヤは、ハセガワの何かのスリックだったと思います。



ボディのほうも、研ぎ出しをいたしました。
1500番→2000番→ラプロス6000番→ラプロス8000番→タミヤのコンパウンド3種類で
磨きました。
うーん、今ひとつ。



とりあえず合体してみました。
あら、かっこいい!
車高、トレッドも大丈夫みたいです。
さあ、もう一息です。ゴールが見えてきました。


で、金魚ですが・・





めでたく家族の仲間入りになりました。
てゆうか、でかいな・・。チョロQの3倍はあるな、オイ・・
実物は、もっとでかいです。

黒いほうは、やっぱり髭が生えてますけど・・

模型屋探訪(2)

このたび、ラリーモデル界の良心こと、hamada様の Gr.4 Rally Car Model Club 様と
リンクさせていただく光栄にあずかりました。
本当にありがとうございます。 


さて、またまた昨日模型屋めぐりをしてしまいました。
模型、とっとと作れや、てなところですが、何故か物欲がおさえられず。
模型屋さんって、楽しいですよねえ。

まずは、神奈川県は藤沢市にあります、赤羽模型玩具店です。




品揃えは、カーモデルはもちろん、鉄道模型や塗料等の消耗品、ミニカー等もラインナップされています。
藤沢駅南口のシーサイドホビーがなくなってしまった今、藤沢駅界隈の最後の砦となっています。(ビックカメラは、カーモデルはあまりないし・・)
また、某有名プロモデラー様の完成品も展示されております。
店長様も気さくな方で、展示品を含め、楽しいひと時を過ごせます。

昨日は、欲しいカーモデルの在庫がなかった為に、ガイアの塗料を購入し、お暇しました。

2件目は、くるまで足を伸ばして、やはり神奈川県海老名市にある、わたなべ模型さんにやってまいりました。


小学校に程近く、通りから入った住宅街の中にあるため、見過ごしてしまいがちです。
在庫は、それなりーな感じであまり最近のキットはなく、惰性感がありますが、わずかにレアキットがプレミア価格で売られていたりします。

とりあえず、何も買わないのもナニなので、これを購入しました。



アオシマのスカイラインでっす。
果たして、作る日がくるのか・・。

そして、家に帰りがけの某有名リサイクルショップで、ダメ押しの購入。

 

やはりアオシマのNBロードスター。定価の1/3くらいだったので、つい。

うーん、今日はなんか消化不良・・・・・。

プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2017 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]