忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

シエラRS  Q8(1)

どうもこんにちは。今日は、とても暖かいですね。

最近、ブログの更新、シエラ4×4の製作ともに一向に捗ってはおりませんが・・

ちょっと違うキットを。ってか、ちらっと写ってましたけどね。



シエラです(汗)またフォードかよってのはナシで、ひとつ・・。

いや、どうしてもこの仕様が作りたくてですね。



クニコのコルシカ仕様、Q8カラーのシエラです。

 

初めてこのカラーリングを見たとき、すごくかっこよくて一目惚れしちゃいました。

しかしこのQ8カラーのデカール、なかなかお目にかかることができず、

ここまでのデカールを自作するスキルも無いワタシは、指を咥えていつか作りたいなあ、と

妄想しておりました。

しかーし、DMCデカールなる、デンマーク製(違ってたらごめんなさい)の

デカールで、このQ8カラーのデカールが製品化されていることを知り、某イギリスの

ショップに注文したのが1年半前。未だに入荷ナシ・・・・(おいっ)
 
涙に暮れていたところ、先日運よく違うルートから入手することが出来ました。



これでございます。うれしー!!

うーん、でも白部分が若干黄変してる・・。太陽光ブリーチしなきゃ。



てゆうか、もうボディの塗装まで終わっちゃってます。もちろん、フロント周りや

ボディの修正は、前作同様修正をしておりますが、4×4のほうにばかり気をとられて

一切写真を撮っておりませんでした(あれー!?)。



塗装は、4×4と同じく、黄色はファンデーションクリーム、青はスーパーディープブルー

いずれもフィニッシャーズでございます。

クリアーを薄く吹いた後、待ちきれずにデカールを貼っていきますが・・・



古さは感じてましたが、すげーシルバリング(笑)処理が甘いっす。
 
ちょっと割れやすかったり、またしてもすんなりとはいきません・・・。



しょうがないので、いまさら可能なかぎりの余白除去と、デカールをつついて

デカール接着剤を流し込み・・



まあ、少しは良くなったかな。あんま変わんないか・・。

せっかくデカールを手に入れたのに、何やってんでしょう、ワタシは。



とりあえず、貼り終わりました。ちょっとデカールが古かったので、DMCデカールの

ホントの貼り心地は分かりませんが、概ね良いんではないでしょうか。

いやしかし、4×4とQ8カラーで並べるのが、ホント楽しみですよ。

まあ、4×4のほうを優先で、ゆっくり作っていきます。



ところで、先日



ラリーカーズの最新刊が発売されましたね。

今までの販売サイクルより2ヶ月遅れでの発売でしたが、これだけのクオリティの

雑誌を今まで年4回発刊してたほうがすごいですよね。このお値段で。

今回も内容盛りだくさんで、読み応えばっちりです。

ただひとつ、困ってしまうのは、毎度毎度



作りたくなっちゃう病(笑)131は、はるか昔に素組したことがありますが、

いやもう酷い、もったいない。そのうちしっかりリペアして、成仏させたいと思います。



PR

シエラ コスワース4×4(10)

どうもこんにちは。最近暖かいですね。

シエラですが、あんまり進んでません。が、更新を空けちゃうのもなんなので、

少しだけ。

レジンキットを組む上で欠かせないのが、脱脂ですね。

パーツには離型剤がたっぷり残ってますから、これをしっかり脱脂しないと

塗装が弾かれてしまったり、後々剥がれてしまうわけです。

ワタシの今までの脱脂の仕方は、中性洗剤で洗う、入れ歯洗浄剤で洗う、くらい

でしたが、いずれも脱脂が不十分で、後々トラブルが発生すること数知れず。



これも、いつも間にか剥離してました・・(泣)

なので、この後の脱脂工程を見直そうと思います。

まず、脱脂といえば、これ



フィニッシャーズの剥離剤オフ。ティッシュにとってパーツを拭き拭きすると

脱脂ができ、かつ静電気の発生も抑えられるそうですね。

素晴らしい製品と思います。が、大量のレジンパーツを脱脂する場合、110cc容量で

定価864円は若干お高め。思い悩んでいると、ふと剥離剤オフの使用感に思い当たる

フシが・・。アレに使用感が似てる。



パーツクリーナーです。前にバイクとかいじってた時のあまりですが、臭い、揮発感

そっくりです。840mlで、これは確か3~400円くらいだったかと。

さっそく試してみましたが、十分脱脂も出来て、塗装も大丈夫でした。(写真撮り忘れました)

ただしパーツへの悪影響までは十分に検証してません。また、ちょっと臭いが強めなのと

意外とぬめり感があります。

うーん、他に何かないかと探していると、ある情報にヒントを得てこれを買ってきました。



キッチンクリーナー、ジョンソンのスクラビングバブルです。台所の油汚れを落とす

洗剤です。ホームセンターで380円くらいでした。これを、パーツにしゅっとひと吹き



少し置いて、水で洗い流してからよく拭いて、



ばっちり塗装が乗りますね。これはいいかも。

ただし、パーツへの悪影響は十分に検証してませんので、リスクの有無は分かりません。

でも、今後の脱脂は、これで行こうかな。



この勢いで、現在シャーシを進めております。

オートモデラーの集い 2019 横浜

どうもこんにちは。

3月2日、日産自動車 横浜工場 ゲストホールにて開催されました

オートモデラーの集い2019 横浜にお邪魔してまいりました。

10時過ぎに着いたのですが、すでに展示卓はいっぱい状態。

控えめなワタシ(笑)は、自分の作品展示はさておいて、皆様の超絶作品を

見て回ることにいたしました。
 
では、一部ですがすばらしい作品の数々を。




BeemaxのM3.エンジンの作りこみが凄い。

 

かっぱコーヂさんのアヴェンタドール。なんか、もう・・宝石みたいでしたね。

エッジがシャープできらきらしてて・・。



おお、こりゃすごい。レガシィ10万キロ走行達成車・・でしたっけ?



いつもブログみてる方の、デルタ フューチャリスタ。作り上げるバイタリティも

さることながら、どれも塗装が本当に美しかったです。




kwnさんの作品。出るのはため息とよだればかり。。。

フォードGT40は、レベルのスナップフィット持ってますが、思わずタミヤの新作ポチッ

ちゃいましたよね。

 
ムスタングGT350.表には、実車も停まってましたね。



もう完成品が・・。Belkitsフィエスタ。結構手ごわそうな感じが・・・

 

C水さんのR31。あっちゃこっちゃ手が入ってます。車高もばっちり。眼福眼福。



セナさんのS800ガズー仕様。エンジンの作りこみも凄かったです。



そして、KENさんの5Tマキシ。3Dプリンターを駆使した、超絶エンジン。すげえぜ。

前後トランクフードも開いてますが、みんなの口も開いてました。



最後に、かっぱコーヂさんのマンタ。モデルアート誌の作例になります。

ポイントを押さえた作りで、少しの破綻もナシ。凄いです。高い次元で製作をすれば

奇をてらわずともこんなに素晴らしい作品になるという見本です。何十本もインセクトピンを

打ってるワタシの、なんと空しいことよ・・・



すばらしい作品群を拝見すると、モチベーションのアップや自分の立位置の再確認が

できて、ホントに貴重な経験だと思います。てゆうか、単純に楽しい!

さあ、楽しんで製作するぞー。




そんな流れで、仕事帰りに秋葉原の某 通販実店舗で10%オフセールをやってまして

寄ってみたら、



・・・あぁ。買っちゃった。かっぱコーヂさんの作品に触発されまして・・。

中古でもあり、ほぼ半額だったので・・。

シエラどうすんだよ、シエラ。

まあでも、近いうちにもう一度マンタ作ってみたいなあ。




 
  

シエラ コスワース4×4(9)

どうもこんにちょは。目がかゆいですね・・。

先日、お台場にありますメガウェブにまたまた行ってきました。

インプレッサのWRカーが展示されてたので、また見にいったんですが、



いつの間にか、Gr.Aインプレッサに変わってました。びっくりです。

なにか、理由があったんでしょうか。でも、Gr.Aもしびれるほどかっこいいですよね。

96年のサンレモ優勝車ですね。



マクレー・・・(涙)とリンガー。



ランエボとの2ショットですよ。お好きな方にはたまりませんね。

ところで、このエボ6.5ですが、見ていると何か違和感が・・・



!!よーく見ると、ボンネット、前後バンパーの色が、ボディの色より薄いです。

一体感がありません。



リアランプの形状も違いました。2001年のリアランプは、



このタイプですね(写真はロイクス車ですが)。

何か、2000年仕様に2001年のボンネット、前後バンパーを付けた様な・・

まあ、カッコいいから細かいことはどうでも良いですね(笑)



さて、シエラです。



91年仕様ですが、ルーフベーンのエッチングが、塗装後、行方不明になってしまいました。

1時間ほど捜索しましたが出てこないので、仕方なくプラ板で作り直しました。

ここには、一部デカールがかかるので、仮固定してからデカールを貼り、分離して

研ぎ出しをしやすくしたいと思います。



こんな感じです。コルシカ仕様にしたので、一部自作デカールおよびジャンクを流用して

なんとかコルシカ仕様にしてみました。

バンパーの赤ラインは、キットのデカールが粉々になったので、赤デカールを切り出して

貼り付けましたが、ガッタガタです・・・。



リアです。バンパーの赤いピレリのデカールですが、キットのものでは足りなかったので

やっと見つけたジャンクを使用しましたが、リアサイドと後部のデカールの赤みが違うと

いう、痛恨の凡ミス。ま、いつものことです・・・・。



とりあえず研ぎ出しの終わった92仕様と2ショット。

92仕様は、デカールトラブルが多発し、修正多数でガッタガタの小汚い仕上がりです。

あ、いつものことです。。とほほ。。。。。

模型屋探訪(11)

どうもこんにちは。

なんか、超久々ですが、模型屋探訪です。

今回は、模型屋さんというわけではないんですが、神奈川県は川崎市、

JR南武線の「武蔵溝の口」もしくは東急田園都市線の「溝の口」駅より徒歩3分

ほどにあります、「イシハラibox」さんです。



2階建てのビルに、1階は文房具、事務用品、ファンシー雑貨等を豊富に取り揃え、

2階にはエアガンやミニカー、ミリタリーにならび、広いプラモデルコーナーが

あります。

所用で溝の口に行った際、店舗を見つけて入ってみたのですが、その豊富な品揃えに

びっくりしました。新旧さまざまなキットはもちろん、輸入キットも多数取り揃えた

商品棚は、圧倒的ですらあります。また、塗料やパテ等の消耗品等も充実しており、

一日中いても、飽きの来ないラインナップでありました。

でも、それだけでなくて、不定期に特価品の販売もあるらしく、50%オフなんてキットも

あるようです。先日はBelkitsのマンタも半額の3,300円で販売してたみたいです。

くぅ~、残念。

しかしながら今日は、こちら



プラッツのBMW M6が半額の1,940円で販売しておりました。ラリ車じゃありませんが

反射的に速攻で購入してしまった・・・。興味はあったので、何か嬉しい。

今後も、定期的に店舗をチェックしてみたいと思います。






模型屋は以上なのですが、もう1点お買い物をしてしまいました。

こちらです。








ついにきました!BelkitsのフィエスタRSWRCです。

某関西方面の有名店での、平行輸入品でしょうかね。昨日届きました。



変形防止のため、箱に入れられたボディ。迫力満点の形状ですが、モールドは繊細です。



リア。ディフューザー周りや、フェンダーの造形等、ただならぬオーラがあります。

複雑な形状ですから、ワタシには結構難儀しそうです。



説明書です。分かりにくい・・・・。今回も事前の穴あけ等決行ありそうです。

見落としそうです。



ボディに付くカナードですが、エッチングになってるのね。別梱包になってて、

親切設計ですね。すっごいシャープですよ。変形防止のほかに、ケガ防止の意味も

あるのかしら。



パーツは、それほど多くもなく、少なくもなく。丁度良い感じです。

以前のフィエスタとかポロとかと、共通の雰囲気ですね。



うーやべえ、作りたい。すぐに作りたい・・・。

さすがに4台同時進行は無理なので、はやくシエラ終わらせなきゃ。













シエラ コスワース4×4(8)

どうもこんにちは。

ラリ車好きの愛読書、「ラリーカーズ」ですが、今まで1,4,7,10月の

年間4冊刊行されておりましたが、今年に入って1月の発行予定が2月になり、そして

3月14日の発売までずれてしまいましたね。ずっと待ち遠しく待っておりましたが、

今回は、FIAT131アバルトだそうですね。とても楽しみです。



さて、シエラですが、



デカールです。92仕様同様、何か微妙な感じです。リア部分の大判デカールが

上手く貼れる自信がなかったので、

 

マスキングして、



塗装で仕上げてみました。

順に、フィニッシャーズのファンデーションクリーム、ブライトレッド、

ディープイエロー、そしてピュアブルー:ファンデーションブルーを6:4くらいで

調色したものを吹いてみました。うーん、ちょっと濃かったかなあ・・・。

微妙にガタガタですが、とても魅力的な感じです。



今回は、少ないですがここまでです。



シエラ コスワース4×4(7)

どうもこんにちは。毎日寒いですね。

シエラですが、前回チラッと映ってましたが、



もう一台、同時に作ってみようかと思います。というか、本当はQ8カラーの

ほうを作りたかったので、進めてみます。



キットのデカールはモンテカルロ仕様ですが、何とかコルシカ仕様でいってみたいと

思います。



ボンネットに盛大なヒケがありましたので、盛って削ってを繰り返します。

後の成形処理は、今作ってるのと同じです。

で、ウイングを仮組みしようとしてたんですが・・



・・・・ない



・・・ない。どこを探してもありません・・・。まじかー。

仕方ないので、ジャンクを漁ってみて、



もとの形は全然違いますが、ハセガワインプのもの(たぶん)をベースに、プラ板で延長、

パテで成形してみました。



うーん、まあ何とか。

 

自分的にはおっけーです。



もう、塗装にいっちゃいました。黄色は、フィニッシャーズのファンデーションクリーム、

青については、いろいろ試行錯誤したんですが、最終的にフィニッシャーズの

スーパーディープブルーを吹きました。結構濃い青ですが、イメージに近いかな、と。



なかなか良いんではないでしょうか。やっぱQ8カラーはかっこいいっですね。






さあ、どんどん進めていきましょう。

・・・あれ?

シエラ コスワース4×4(6)

どうもこんにちは。

寒いですね。明日は関東地方でも大雪の予報ですね。皆さん、風邪など引かぬよう、

転倒にも気をつけて下さいね。  あー、出勤だあ・・・・・


シエラです。ウレタンクリアを吹いたんですが、



いや、しっかり定着させたつもりでしたが、ぶくぶく浮いてきちゃって



ゼッケン部分、浮いてたんですね・・。中研ぎでバリッといっちゃいました・・・

とほひーん・・

  

ここも中研ぎでカドを出しちゃう始末・・

とりあえず、デカールの汚れをタッチアップしなきゃですね。



リア部分から。マスキングして、



まあ、何とか。リアエンドのCARGLASSは、粉々で継ぎはぎだらけです。



モービルの1部分



バリッと!お約束です・・・・・・



ルーフ部分も。


 


MobilのOもひどいもんでしたが、概ねタッチアップできました。ってか、妥協します。




とりあえずひと段落です。やっと次の作業に進めますー。


あれ?写真がボヤけてる??ダブって見える・・・・・・・



シエラ コスワース4×4(5)

どうもこんにちは。

シエラのデカールですが・・・



ほぼ死んでました・・・

何かのパーツが当たってたのか、デカールにシミってか、汚れが至るところに

付いてます・・。綿棒に水やエナメルシンナー付けて余白の汚れをしごいてみましたが

落ちやしません。良く見ると、ちりめんっぽいシワも・・嫌な予感しかありません・・。

とりあえず、水につけてみます。



ギャース!!

手を抜かず、リキッドデカールフィルム塗っとけばよかったっす。



欠けた~・・。てゆうか、固いー。パリッパリです。お湯で馴染ませたら、割れました・・。



固いって! お湯、ドライヤー、軟化剤を駆使して、何とか馴染ませていきます。

欠けた部分も補修します。もう殆どパズルです。



ここも・・。しんどいっす・。糊がほどんど効いてませんので、糊、マークセッター

塗りまくりっす。


 


Mobilの1の部分とか、シミが目立つなー。



フロントも。。中研ぎしたあと、タッチアップでいけるかな・・・。



とりあえず、貼るには貼れましたが、パッチワークだらけです。

デカールってか、ほとんどパズルでした。



リアも終了。黄色い部分も、盛大にシミがあります。中研ぎ後のタッチアップで

何とかなれば良いんですが。

とにかく、汚れもですが劣化で固くて馴染まなくて、台紙からも全然剥がれなくて・・

いつものことですが、デカールは早め早めに使わなきゃですね。

・・・絶対クリアコートに耐えられない~・・・・・・




お台場散策


どうもこんにちは。

今日は、仕事が早朝に終わりましたので、このブログでもご紹介いたしました、
 
メガウェブのラリーカー展示に行ってまいりました。

インプレッサWRC98の実車って、見たことがなかったので楽しみです。

ただ、メガウェブって、11時からだったのね・・。だいぶ時間があるので、

秋葉原でもぶらついてから行こうと、9時からやってる某店舗に行ったところ



何か、お安かったので、買ってしまいました♪

早起きは、何とやらってやつですね。

その後、新橋で立ち食いそばを食って、ゆりかもめに揺られてメガウェブに

向かいました。

それでも、結構時間が早かったので、現地でお茶でも飲んで時間つぶそうかな、と

思ってたら、車窓から、何やらクルマの大イベントが見えるじゃないですか。

そう、今日は船の科学館向かいの駐車場で、ニューイヤーミーティングが開催されて

おりました。途中下車途中下車♪

沢山の旧車、クラシックカーが所狭しと並んでおりました。

素晴らしいカラーリングのサニー。ど迫力。



240RSが2台並んでました。これはラッキー



かっこよかったですよ。

ここぞとばかりに、



エンジンをはじめ、ライト周りやウインカー部分、バンパーなんかの写真を

撮りまくっちゃいました。こまごま写真を撮っていた、変なおっさんは、ワタシです。

すいません(笑)今後の参考って事で。

他にもたくさんのカッコいい旧車がありましたが、適当に切り上げてメガウェブに向かい

ました。

てか、ブースで模型も売っていたのですが、軒並み高くて手が出ませんでしたー。







久しぶりにやってきました、メガウェブのヒストリーガレージ。

日本車のラリーカーの展示ですよ。今日の目当てはこの2台、インプレッサWRC98と

ランエボ6.5です。



どうですかインプレッサ。こんなにカッコいいラリーカーって、他にないですよね。



鮮やかなブルーが目にまぶしい。

展示は98年のサンレモ仕様でした。



その内作りたい、タミヤのインプの手直しの参考にしこたま写真を撮ってきました。



こっちはランエボ6.5.  
 
2001年のモンテカルロ優勝車ですね。
 
もちろんカッコいいですけど、経年のためかイメージよりマルボロレッドが

くすんで見えた気がします。インプが鮮やかだったから、余計に感じます。



2段ウイングの下段が塞がれているのも、ばっちり見れました。



ダッシュボードも、スエード感が強かったってか、劣化かな?



展示は4月までやってるっぽいので、また見に行きたいですね。




シエラですが・・、デカールが・・もう・・・・・。ああ・・・・・。






プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2019 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]