忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

プジョー205 T16(11)

最近、少し暖かくなってきましたね。

それは良いんですが、花粉も増えてきましたね・・眼がかゆーい。


前回の、見なきゃよかった冷却ダクトについて、



これは、ポルトガルのターマックセクション時の写真ですかね。



これはラリーカーズに掲載されている写真です。

コルシカとか、ポルトガルのターマックセクションとかの、ハードブレーキングを

多用するイベントでは、リアブレーキを直接冷却するブレーキダクトが、ルーフ部分から

写真のように取り回されているようです。



写真は白黒ですが、まさかイプルーでも装着されていたとは知りませんでした・・。

現物合わせで、適当に作ります。



パテとプラ板で導入部を適当に。



037の時にも使用した、コードを取り回すコルゲートチューブです。何処で買ったっけ?

中に針金を通して、形状を固定します。



今更、ピンバイスとリーマーで穴を開けて・・



メタルックを貼って、固定します。

ちょっと、細かったかなー・・・。



今度こそ、完成です。




デカールはスタジオ27のを使用してます。ストライプ部分は塗装です。

不足部分は、ジャンクデカールを使用しています。



デカールが古かったので、リキッドデカールフィルムを塗布しましたが、非常に

貼り付けに苦労しました。いつものように、仕上がり汚いです・・。



リアカウルが全然合わなくて、熱湯でコネコネと格闘しましたが、やっぱり

ぴったりとは合いませんでした・・。



ホイールは405の18インチ、タイヤは・・・何だっけ?(笑)

ホイールベーンは自作しましたが、ガッタガタです。



ライトハウジングにはミラーフィニッシュを貼っています。

ライトポッドのカプラーはオーバースケールでしたかね。



カウル越しのエンジンルーム。ちょっとダクトが目立ちすぎですね。



もうちょっと手を入れたかったですが、これでも満足です。



プジョー205 これで完成です。

 

今日の為に買っておいたこれで、ニヤニヤしながら祝杯をあげたいと思います。


 
 
 
 
 
 
PR

プジョー205 T16(10)

どうもこんにちは。

試験も終わって、やっと模型に時間が割けます。

てな事で、205です。

残された外装パーツを着けていきます。

マッドフラップですが、



ダイソーのカッティングシートを赤く塗装し



装着。

厚み、加工しやすさと、丁度よかったです。

自作のホイールベーンも



装着。

うーん、ちょっと径が大きかったかなあ・・。



てゆうか、真円には程遠い・・ガッタガタです・・orz



小賢しく、ライトポッドのカプラーを付けてみたり。。

まあ、雰囲気雰囲気。



エンジンルームは、中途半端ですがこんなもんで。



やっとこさ、完成!・・・・









と思ったんですが・・










この画像を見るまでは・・・・











知らなきゃ良かったシリーズ・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・

リアブレーキの冷却ダクトが・・・

どうしましょ・・










プジョー205 T16(9)

みなさん、いかがお過ごしですか?

横浜オートモデラーの集いも終わり、テンションも猛りまくっていることと思いますが、

ワタクシは、資格試験が間近でありほとんど模型に触れておりません・・・。

あー、アレも作りたい。これも作りたい・・・。


今日も、朝から図書館に篭って、受験生の皆様と自習をしてきましたよ。

図書館で勉強なんて、何十年ぶりだろうなあ・・。

ん?した事あったっけか・・・・?
 


写真は、図書館の隣の緑地の梅です。綺麗でしたー。



そんなもんで、模型なんぞ作ってる時間は無いんですが、たまの息抜きは必要ですんで・・

ほんの少しだけいじくってみました。



久しぶりの205です。とりあえず、ボディの磨きは概ね終わりましたが・・

一部デカールの定着が悪い部分があり、小汚い仕上がりに・・・。

リアカウルも、合ってない・・



加工したリアウインドウ部分は、透明プラ版に置き換えてます。



ちょこちょこ外装部品を接着しています。



あれだけ摺りあわせしたリアカウルが、何故か全然合わなくて、調整に手間取っています。

どっか干渉してるんでしょうが、解決しない・・。

アンダーカバーも片方だけ隙間が。。

デカールも微妙な仕上がりになってしまい、テンションが下がってだいぶ間が空いて

しまいましたね・・。


残りの摺りあわせや外装は、試験後に一気に進めたいと思います。




プジョー205 T16(8)

皆様、あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

いやー、久しぶりの更新です。

前回更新後から、年明け元旦まで休みナシで仕事の修羅場を迎えておりました。

途中、風邪も引いてしまい、体もガタガタで、とても模型どころではありませんでした。

やっとこさ休みが取れましたので、今日は箱根駅伝を散歩がてら見に行きました。

 

往路トップの東洋大学ですが、よく分かりませんね・・・・(汗)

コレを見ないと、正月が来たと実感できませんね。


さて、ひっさびさの205ですが、

ホイールベーンについて・・・・・



フロントのみ



ハードブレーキングのターマックセクションでは、フロント、リアとも4輪装備



マディなセクションでは、4輪ともナシ、の3パターンがあります。

で、今回どうしようかと思いまして・・・・

面倒なので、ベーンなしで行こうかとも思いましたが・・

ベルガ205のチャームポイントでもありますので、前輪のみ装着してみます。



このパターンね。

ただ、後年のグループA車のように、バーンと張り出した感じがないですね。



これなんか、よく吸気しそうですが、



なんか、スリットがあまり見えませんね。逆に熱が篭りそう。

丸いプラ版貼るだけでいっか、とも思いましたが、ちょっと頑張ります。

丸いプラ版について、サークルカッターでの切り出しはうまくいかず、ジャンクパーツも

良いのが無かったので、



ハセガワのテンプレートを使って、コリコリと切り出します。



ペーパーで整えます。

 

プラ棒を切り出し、等間隔に貼り付けていきます。

手が震える・・。あー、老眼が・・・・。



こんな感じです。

 

ちょっとボケてる・・。

ホイールと合わせて、こんな感じです。もうちょっと整えます。

ちなみに、ホイールはお約束の405用の18インチです。

実車は18インチではないんでしょうけど、まあ模型的見栄えって事で。


もうちょっと進めようと思いましたが、風邪が治りきっておらず、今熱を計ったら

38度オーバー・・・。せっかくの正月なのに・・。駅伝見なきゃよかった・・。

明日仕事なんで、とりあえず、今日は寝ます・・。
 
 
  

プジョー205 T16(7)

いやあ、お寒うございます。

ちょっと、間が空いちゃいました。

仕事や、資格の勉強等でなかなか模型に時間が割けませんが、何とか

年内には完成させたいです。(大して勉強なんかしてないんですが・・・)



とりあえず、内装完成の図。



コクピットは、大してディティールアップはしておりませんが・・・



 

エンジン廻りは、このあともうちょっとだけ悪あがきします。

まあ、適当なとこでやめないと、キリがありませんのでね。もうちょっとだけ。



今回。ボディの研ぎ出しに際して・・・



今更ですが、評判の高いバルケッタさんのコンパウンドを試してみます。



コンパウンド「極」については、サランラップでの研ぎが推奨されておりますが・・

良いですね。研ぎ心地が指にダイレクトに伝わってきます。

そして、10000番のコンパウンドで磨いて・・




ぼちぼち、良い仕上がりです。すばらしい。

ワタシごときでも、かなり良い仕上がりです。

さあ、あと一息かなあ。





さて、本屋で2冊の雑誌を購入しました。



1冊目は、トヨタの2017年のイヤーブックです。

今シーズンはヤリスのデビューイヤーながら2勝を挙げ、来期に大いに期待が出来ますね。

サインツやカンクネンのインタビューもあり、非常に充実した内容でした。

もう一冊は、

  

モデルアート別冊、スーパーカーモデリングです。

うーん、かっこいいスーパーカーの作例が山盛りです。

・・・・これはやばい・・。作りたい。

205の次は、スーパーカーか!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

プジョー205 T16(6)

いやいや、なかなか更新できませんで・・。

年末になって、なんだかんだと忙しくて、なかなか模型製作の時間がありません。

更新ネタもあまりないんですが、とりあえず。
 
 
とりあえず、ボディはコンパウンドでシコシコ磨いておりますが、まだまだかかりそう

です。なんか。しっくりこなくて・・。



エンジン周りですが、



ホースエンドナットの配色が逆、とかいう凡ミスを犯しつつ、でかいし・・



まあ、こんなもんで一旦終了。

配管の行き先とか、よく分からないので適当ですが、ご容赦いただきたく・・・



とりあえず、一旦終了します。

で、今度はフロントまわりです。

フロントのサスは、そのまま行こうか思いましたがと、リアだけやって

フロントがそのままってのは片手落ちってなもんなんで、、

 

リア同様、プラ棒とキット部品流用にてでっち上げました。



あとは、リア同様、フロントも2mmほど画像のような加工で、車高を下げます。

見にくいですが。

フロントの足回りも終了です。



なかなか進まないんですが、何とか年内には、、、、無理かなあ・・。







最初に記したとおり、忙しくてなかなか製作が進みません。

ええ、製作が。




















購入はバッチリ、抜かりありません(笑)

奥さんからボーナスお小遣い貰って、タガが外れちゃった・・・・

年末になって、魅力的なキットの発売が続きますねえ。

これから、Beemaxの240RSサファリや、ボルボもありますし・・

お小遣いが続きませんね。

まあ、今回は自分へのボーナスってことで何卒・・・・(笑)

はよ作れや・・・いや、ホントに・・・・・

プジョー205 T16(5)

こんにちは。良いお天気ですね。

さて、205ですがエンジン部分をちょこっと進めます。

まずはここ。





パーツ合わせ目にリブがありますが、成形しにくいので一度削り落として成形後、

プラ棒を貼っています。ホビーフォーラムで購入した、FUNTECさんの逆ピンセット、

使いやすいです。


こういうパーツ割りになっているインマニも





こんな感じに分割して、成形しました。


キットの通り、後付だと合わせ目が残りますのでね。まあ、ほとんど見えないんです

けどね。気分ですね。

次にサスですが、キットはこんなんですので、



とても塗りわけ出来ません。なので、



2mmと3mmのプラ棒と針金、一部キットのパーツを使って、




こんなん作りました。まあ、これもあまり見えないんですけどね。

で、組んでみると・・

 

いいじゃないっすか!(自己満足)

 

このパーツ、かなり成形跡が目立ちますので、修正修正っと。



で、軽く組んでみました。



うーん、いいですね。

 

パイピングや補器類等、これから頑張ります。

てゆうか、タイヤカバーとかホワイトで塗ってしまったのですが、資料を紐解くと

カーボンケブラーっぽいことが発覚・・。(同じ車体のゴロワーズ205の画像が

カーボンケブラーになってた)ていうか、E2ってエンジンルームの画像は沢山

あるんですが、E1のエンジンルームの画像って、意外となくて・・。

まあ、このままいきます・・。




画像が意外とない、といえば、、、

いまボディはウレタンクリアを塗って、中研ぎ中なのですが、、、、




たまたま見つけた画像で・・・・


・・・・・



!!!!!!!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


気づかなかった・・。てゆうか、最初からデカールにないです・・・

STUDIO27さん・・・・・

中研ぎが終わったら、貼りたいと思いますが、、このタイプのグループBのデカール

ないんですよねえ・・。

Bの下は、~~~イプルー24時間ラリー  みたいに書いてあるっぽいんですが・・。


・・・、まあ、ジャンクデカールでいつものごとくでっち上げますか(笑)

プジョー205 T16(4)

どうもこんばんは。


205ですが、塗装に失敗してやり直しという、恒例行事を踏襲しております・・。



とりあえず、下地をやり直して、サフ→ファンデーションホワイト→ピュアホワイト

+アイボリーホワイトを終えました。

ストライプ部分は、また塗装でいってみます。

てゆうか、塗装を剥離したらボディの歪みが再発してしまって・・

いまひとつしっくりきてませんが・・



とりあえず、赤部分を塗装しました。

今回は、フィニッシャーズのブライトレッドにしました。

若干、明るいかな、という印象ですが、良しとします。

まあ、はみ出し、滲みのオンパレードです。ははは。。。

軽くクリアを吹いた後、デカールを貼って行きます。



スタジオ27のデカールですが、若干古めだったのが心配で、リキッドデカールフィルムを

塗布しましたよ。散々、痛い目を見てますのでね(笑)



はい、珍しく、無事に終了です。

てゆうか、台紙からの剥がれが時間かかりましたが、カルトグラフ製でしたので、

概ねはりやすかったです。リキッドデカールフィルム要らなかったかな・・。

これからデカールを乾燥させて、クリアを吹きたいと思います。




さて先日、本屋さんで、、、、



ホリデーオート誌を買いました。

・・・・・・・・



・・・・・・・・・・



・・・グループB・・



・・・・・・・・



・・・・・・・












いやいやいや・・(笑)


さあ、205、205っと・・。





しかし、7、かっこいいなあ・・・・・・・

プジョー205 T16(3)

ここんとこ、すごく寒いですねえ・・。

いや、気温のハナシですよ。

ええ、ボクのココロのハナシではないんですよ・・・。


ええ、ボディの塗装をしたんですよ。



ベースの白は、フィニッシャーズのピュアホワイトに、ちょっと暖色系にしたくて

アイボリーホワイトを加えたりして・・。ええ、まあいいかなあと思って。

で、赤を塗るにあたって、どの赤を塗ろうかなあ、なんて考えたんですよお・。

で、決めたのがクレオスの復刻シリーズのプレビアスレッドにしてみたんですよお。



ええ、まあいいかなあと思って。

2009年以前のレッドと同じなんですね。かなり濃い目です。

ストライプの塗りわけも塗装にしてみたりしたんですよ。



でも、ちょっとボンネットのマスキングに失敗しましてねえ・・・



その失敗をリカバーすべく、さらに赤を吹き重ねたら

他の部分の赤と色が合わなくなるという愚挙を犯しまして・・・



プレビアスレッドの色味も、概ね良いんですが、、、いやすごく良い色ですよ。

ただ、今回のBelgaカラーとは、ちょとイメージと合わない・・。

プレビアスとは何ぞや、てな感じですねえ・・。



このまま行こうか・・・めんどくさいし・・。

いやいや、妥協してどうすんのさ・・。

あー、もやもや。



実際、写真で見るより、ボンネット部分と他の部分、濃さの違いが目立ちます・・。

・・・・・・・・









買っちゃった・・・。タミヤのペイントリムーバー。

シンナー風呂は、ボディを傷めますし、成形したパテ部分のダメージが怖い。

IPAは剥離に時間がかかる。

てな事で、リムーバーを購入。今回はタミヤ製にしました。



いーい湯だーなー、あははん♪

 

2~3分くらいで、綺麗に剥離できましたよ。

これは良いですね。臭いも少ないし、しっかり落ちるし。



・・・てゆうか、こんな作業は、しないに越したことはないんですがね・・。

はい、振り出しー。

プジョー205 T16(2)

どうもこんばんは。

ホビーフォーラムが終わって、ホッと一息な感じですが、

モチベーションが騰がっているうちに、どんどん進めたいですね。

私事ながら、来年早々、資格試験があるので、今のうちってな感じです。

でもこんな時に、仕事が超忙しいっていう・・・


で、205です。



やっぱ、Belgaカラー、かっこいいっすよねえ・・

前回修正したスポイラーの形状ですが、まあ、こんなもんで自分的に納得です。



あと、タミヤの205で問題なのが、

このリアのサイドウインドウ部分ですね。



まあ成形の問題なんでしょうが、ボディ側が途中で終わってて、クリアパーツに

一部くっついているっていう。

隙間っていうか、段差がかなり出来てしまいますので、どうしましょうか・・。

クリアパーツを切り離してくっつけるのも良いんですが、どうせ段差が出来てしまうので、



プラ板とパテでこさえてみました。まあ、私的にはOK。

あとで、どっかと干渉しないかが心配です・・

ウインドウは、塩ビ版にでも置き換えます。


あとボンネットのこの部分も今のうちに付けとかないといけませんね。

 

段差消しが、わりと大変でした・・・。ワタシだけ?


とりあえず、ボディ修正が終了して、ファンデーションホワイトを吹きました。



タミヤの205、かなり楽しいです。
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2018 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]