忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

マンタ400 MANXラリー(4)

こんにちは。

マンタ最終回になります。

車高については、いくら昔のクルマといえども、ターマックでは高すぎると感じていますので、

少し車高を下げます。ええ、手抜き簡単な方法でいきます。




ホイール取り付け部にプラ板を貼って、ここにブレーキローターを接着する事で、車高を

決めていきます。そのままローターを接着するとタイヤがはみ出ますので、具合を見ながら

削っていきます。



うん、いいんじゃないでしょうか。

あとは小物を取り付けて、完成です。(あっさりと)




前作のBASTOSでは、車高が不満でしたので、前後とも下げてみました。



リアのマッドガードは、100均のトレーシングペーパーの切り出しです。



今回もフェンダー部にインセクトピンを打ち込んでみました。



今回、デカールにはホントに手こずりましたよ・・修行が足りん。



今回も、いろいろやらかしてます。

マイクロデカールリキッドを塗布した関係で、ハチマキ部分のデカールの余白が、非常に

目立っちゃってます。あと、気付かなかったホコリがクリア層の下に・・・・。ハズキルーペ

買わなきゃ。



フォグランプですが、仮組みの時にボディ側に一部干渉したのでカットしたんですが

目立っちゃってます・・。あとフォグランプはジャンクですが、デカールに合わせて

サイズを決めましたが、実車よりだいぶデカイです。



並べてパチリ



いいですね



結構、車高が違いますね。



ボンネットの開口部は、もっと薄くしなきゃいけませんでしたね。

でも、かっこいい。




マンタ、以上になります。

息抜きのつもりが、だいぶてこずっちゃいました。



このあとは一応、RS200に戻る予定です。
 

PR

マンタ400 MANXラリー(3)

お久しぶりでございます。

まあ、仕事が忙しいのもあるんですが、どうも最近疲れやすくてですね。

なかなか、長時間模型を行う体力、集中力がなくって・・。眠いし・・。

いけませんねえ・・。まあ、若くないですからね・・。


そんな時は、気晴らしその1.

先日、スタジオ27のセールに行ってきました。



あんまし買えませんでしたが、欲しいものは手に入れました。

このホイールで、アレを作って・・みたいな妄想をしております。近々・・・・。

今回は、NGデカールの販売はありませんでしたが、テンバイヤーさんが横行している

現状では、仕方ありませんね・・・・・。



気晴らしその2.

お買い物です。

今回、デカールにやられまくった際、リキッドデカールフィルムの恩恵にあずかり、

改めて、その重要性に気付かされましたので、通勤途中の赤羽にありますヤマナカ模型店

さんで、



ストックを買っときましたよ。あるときに買っておかないと。

しかし、ちっと値上がりしてたのね。

また、有名店バルケッタさんでも、



オリジナルのデカールリペアーが発売されたとの事でしたので、買ってみました。

使用しましたら、ご報告しますね。

まあ、こーゆーのは使わないに越したことは無いんですがね・・。



気晴らしその3.



子供二人と、平塚の七夕まつりへ行ってきました。まあ、近所ですし。

いや、しかしまあ今年も凄い人出ですねえ。気晴らしのつもりが、ぐったりと

疲れちゃいましたが、屋台のおつまみと美味しい生ビールをしこたま飲んで、

英気を養ってまいりました。

ですが、少々飲みすぎまして、模型が手に付かず・・・



 

最近、画像も撮ってなくて・・。

研ぎ出し、磨きからのインセクトピン打ち、シャーシ合体までは終わっております。

まもなく完成といったところです。


次からは、ちゃんとします・・・。

マンタ400 MANXラリー(2)

どうもこんにちは。

マンタですが、サラッと進めようとしておりますよ。
 
 


とりあえず、下処理は前回のマンタと同じくやってます。リベットも穴あけしときました。



下処理が終わったら、銀サフに黒を混ぜたのを吹いときました。



ベースホワイトを吹いて、クレオスのクールホワイトを吹きました。

青はフィニッシャーズのピュアブルー、赤はブライトレッド、黄色ですがフィニッシャーズの

ディープイエローで良いかと思ったんですが、濃すぎたのでクレオスのキアライエローと

5:5で混色したものを吹きました。もうちょっと濃くてもよかったかなー。

あーめんどい。


クリアーを薄く吹いてから、デカールを貼っていきます。

  

デカールはREJIです。



以下は個人の感想になります。


買って間もない新品ですから保管も問題なかったと思います。

ただ、これがなかなか・・・・・

良い点は、柔らかい質感で、密着性がというか追従性が良いところ。かな・・・


ただ、柔らかすぎて、台紙からずらす時に、デカール自体が、ビローンと伸びてしまう

ような性質で、非常に難儀しました。

水に漬ける時間が早いと、台紙から剥がれずにデカールをずらす際にデカールが伸びて

しまい変形してしまいますし、遅すぎると水の中で浮いたデカールが丸まってしまい、

貼れるような状態ではなくなってしまいます。



こんな感じで、デカールが丸まってしまうんです・・。

コントロールが本当に難しくて・・。なんじゃこりゃ!?てな感じです。

しかも、糊が強いのか貼ってすぐに固着してしまい、位置決めで動かすと変形や、簡単に割れも

発生してしまうという、まさに負のスパイラル状態に陥りました。

うまく貼れた方、いらっしゃるんでしょうか・・

 
 
 
デカールの質が薄くて柔らかすぎると判断し、いろいろ考えた結果、



エスコートの時にも使用しましたが、リキッドデカールフィルムを塗布します。

デカール自体のコシというか、厚みを稼ぐとともに、割れやすい表面の保護を

していきます。

・・うーん、新品のデカールなのになぜこんなにも苦労をするのでしょう・・・。


で、筆で塗っていきましたが・



ぎゃー!!!滲んだー!!

サッと筆塗りしてるだけなんですが・・

あまりに品質が・・・・・・・・・・・・・・
 
今までのREJIのデカールのときは、こんなんではなかったのになあ・・。


自分の腕の無さ、ふがいなさを痛感する次第ですよ。。。




みなさんしばらくさようなら。。。。。。






というのも悔しいので、(またこのパターンかい)



もう1セット購入です・・(泣)でも、次いつ買えるかわかりませんものね・・・。

今回は、最初からリキッドデカールフィルムを塗布しようと思います。

同じ失敗はしたくないので、



リキッドデカールフィルムを、タミヤのアクリルシンナーで希釈して、ブラシで

吹き付けてみました。ものすごいつや消しになってしまいましたが、まあ、大丈夫

でしょう。



ちょっとボケちゃってますが、何とか貼れました。

が、これでも貼り付けに難儀して、位置がずれちゃたり小汚くなったり、文字が

歪んだり、いまいちな仕上がりになっちゃってます・・。

あ、いつもどおりっちゃあ、いつもどおりなんですがね・・・・。

全然サラッといってないですねえ・・。
 
 
  
  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

マンタ400 MANXラリー(1)

みなさんこんにちは。

今日は暑かったですけど、良い天気でしたねえ。







現在、RS200に悪戦苦闘している最中ですが、修正、修正の繰り返しで、

心が折れそうな中、肝心のパーツを折ってしまい、、ついに心が・・・・。


ちょっと、クールダウンしよっかな、と。





で、またまたマンタを。

 


今回の仕様は、いろいろ悩みましたが。。。。。





REJIのデカールを使用して、MANXラリー仕様でいきます。

まあ、BASTOS仕様で作ってますので、サラっといきます、サラッと。

・・。てか、塗りわけ難しそうだなあ・・・



で、サラッとコクピットは出来ちゃったんですよ、ええ、2作目ですし。



シャーシなんですが・・



ちょっとボケてますが。。。。素組で組むと車高が高いんですよねえ・・。

実車はさておき、模型的には、もうちょっと下げたいところです。




とりあえず、足回り組みました。

サラッと組みましたよサラッと。ええ、2作目ですし。。。

いくつか、車高を下げる方法はありますが、今回パーツをこねくり回さずに

簡単な方法で行きたいと思いますが、それは次回。

(RS200で疲弊していますので、簡単にいきたいんですよねえ・・)



とりあえず、ボディを見てみます。

修正については、前回を踏襲しようと思ってますが、、、、



Aピラー曲がってるよ、おい!!!

ボディは、箱に入っていて変形しづらい親切設計なんですが、なんで??

サラッといきたかったのにい・・




とりあえず、ドライヤーをあてて、修正します。あちち・・。




少しは真っ直ぐになったかな?

屋根側がちょっと修正しきれてないんで、もうちょっと何とかします。




RS200のリハビリなんで、サラっといきたいなあ、サラッと。







プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2018 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]