忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

マクラーレン MP4-12C GT3(3)

どうもこんにちは。

まずは、どーでもいい話から。

先日の休みに定期巡回に出かけた際、某リサイクルショップにて獲物を拿捕したんですよ。

 

ストラトスとロードスターなんですがね。

いや、ロードスターなんて、全然買うつもりはなかったんですよ。

なかったんですが、ロードスターもストラトスも、何故か1,200円で売られてまして。

箱もピカピカのほぼ新品なのに、何なんでしょう。ロードスターなんて、発売して1年程度で

定価3,200円ですよ?一緒に売られているアオシマのVIPカーとかは、2,500円くらいで売ってるの

に・・・。値付けが謎だ・・。ま、安く買えたんで良かったです(笑)



12Cですが、デカール貼りに突入です。




ミュージアムコレクションのデカールです。

ミューコレのハクリデカールって、ワタシのイメージとして硬い、欠ける、めんどくさい

ってイメージでした(すいませーん・・)

完成品に晒しておりますエボⅢのロスマンズデカールがミューコレなんですが、欠けるわ

馴染まないわで、大変な思いをした記憶が・・・。

そうは言っても、せっかく買ったデカールですから、貼っていきましょう。



おや?貼りやすい。発色も良いですね。

マークセッターやソフターは、あんまり使わないほうが良いみたいですが、熱湯ティッシュ

攻撃で曲面にも馴染みます。

 

こんな角にも、馴染みます。ちょっとびっくりでした。イメージが覆されました。

すごく良いじゃないっすか。

さて、デカールも貼れて、ハクリデカールのお約束の透明ニス剥がしですが・・・

あれ?剥がれない・・。デザインナイフで剥がそうとしても、全く剥がれません。

ちまちま剥がそうとしてたら、そのうちデカール本体が欠けてきて・・

あれー?じゃあ、粘度を落としたテープで剥がそうとしたら・・

ぺりっと赤牛さんの黄色い丸のところが、剥がれちゃいました・・。赤牛さんに

重なるところだったので、何とかリカバリーできましたが・・。

十分乾燥させましたし、マークセッターも使ってないのですが、何か失敗したのでしょう

か・・。ギブアップです。ニスが剥がれません。そのままでいきます。

研ぎ出しで何とかします。



とりあえず、全部貼りました。



とりあえず、ウレタンかけて、中研ぎしました。

てか、デカールの包装に、「ハクリ」って書いてなかったんですが、まさか

ハクリデカールじゃなくって、普通のデカールだってオチ、あります?





PR

模型屋探訪(6)

いやあ、今日もしびれるほど寒かったですねえ。

かなり雪が降っている所も多いようですが、幸いワタシが住んでいる

神奈川県は、雪はチラつきはしましたが、概ね良い天気でした。



エボシ岩が遠くに見える~♪


今日は、娘と二人で留守番をしておりましたが、おやつをエサに、最近テレビ東京の

「アド街ック天国」でも放映された、大船に二人で出かけました。(放映のない地域の

方、申し訳ありません)。行きたかったのはもちろん模型屋さんです(笑)

娘を言いくるめて、まずは以前にも紹介いたしました「鎌倉ホビー館」さんです。



久々に来ましたが、カーモデルが若干さびしかったですね。

それでも、棚にはベルキットのフィエスタやシミラーのフォーカスが

いまだに並んでいました!すごい。ですが、

どちらもお高いキットですので、購入はあきらめスタジオ27の

ドライバーネームのデカールを購入しました。



渋る娘をなだめて、次は「すずき模型店」さんです。



店内のレイアウトが以前と変わっていましたが、相変わらずプラモデルは2割引で

ありました。ミニ四駆のパーツは8割引でした。。魅力的なキットもたくさんあったのですが

、娘が限界になってしまい泣く泣く未収穫のまま退店しました。しょぼーん。


この後は、甘味処でしっかりとお汁粉を食べて、すっかりご機嫌モードです。

さらに大船観音が見たい、との事だったので駅の反対側の山の上に鎮座する観音様を

見に行きました。途中、かなりの急坂なので、しんどいっす。



これです、大船のシンボルです。でかいです。

 

大仏から大船駅を望む。いい眺望です。

帰りに、駅でしっかりミニクロワッサンをしこたま買わされて、家路につきました。

そして、帰りの本屋で購入した、



ラリーカーズvol.15  240RS   です。

初めて見る画像が満載で、かっこいいです。しびれます。

ただ、ラリーカーズを買うと、毎回対象モデルのキットを作りたくなるんですが、

今回は、なぜかその気にならない(笑)いまひとつ、Beemaxのキットが

似てないっていうか、カッコ悪・・いやごめんなさい・・

Beemaxさん、いやアオシマさん。ぜひ次回はターマック仕様のモンテで

発売お願いします。

マクラーレン MP4-12C GT3(2)

正月も終わって、もう子供も新学期。早いですねえ。

また、しつこくペヤングネタを。

この間、またスーパーでペヤングの新作を発見しまして、



ペヤング パクチーマックス!!

昨今流行のパクチーとはいえ、やきそばでどうなのよ、と思いますが、



結果から言いますと、家族全員一口も食えませんでした・・・・

うーん、これは・・・・・すごいです・・

パクチー好きの方、すいません。

次回のペヤング変り種は、チョコレート味だそうで、楽しみです(笑)



さて、MP4-12Cですが、ボディの塗装に行きたいと思います。

レッドブルのブルーですが、これが難しい。



レッドブルのブルーといっても、実車ではメタリックがあったり濃紺のものがあったり

なかなか難しい。

フィニッシャーズのロッシブルーがレッドブルに最適らしいけど、メタリック

だからソリッドカラーの今回には使えません。

参考にエレールのC4やDS3の説明書を見ても、ツヤあり青とあるだけで、どんな

青かは書いてない。うーんどうしよう。



とりあえず、手持ちの青を引っ張り出して、どの青がレッドブルの青として

ふさわしいのか、いろいろ実験をしてみました。

自分の脳内イメージとして、明るめのブルーが良いなと思って、今回は

フィニッシャーズのピュアブルーを選びました。(この時は、良いと

思ったんだよなー・・・・)

マスキングして、フィニッシャーズのファンデーションブルーを吹いてから

ピュアブルーを吹きました。



!?あれ?明るすぎる・・・・

都合4回ほど吹きましたが、イメージより明るくなってしまいました。

あれー、おっかしいなー。

もうちょっと、吹き重ねて。。



イメージと違うなー。新幹線みたい・・・

今更シンナー風呂に入りたくないので、マスキングして上からフタトロシニアンブルーを

シャバシャバに希釈したものを、上から吹き付けました。

 

イメージと全然違うけど、うーん、もう良いや。

ここで、窓枠とかも黒く塗っておきました。


マクラーレン MP4-12C GT3(1)

みなさま。本年もどうぞ宜しくお願い致します。



みなさま、お正月はゆっくりと過ごされましたでしょうか。

ワタクシは、仕事柄クリスマス過ぎから年明けまで、休み無く働いておりました(泣)

先日、やっと休みが取れ、箱根駅伝観戦で正月気分を味わいました。



いやー、みなさんホントに速い。




んで、年末から模型にはほとんど触れていなくて、 当然製作途中のフィエスタも

進んでいないのですが、年が明けて仕事が休みになっても、んー、何か気分が優れず、

というか煮詰まってしまい・・フィエスタに手を着ける気分になれず・・・

気分転換を兼ねて、このキットの箱を開けました。



ラブライブ!(笑)ついに、こっち側にデビュー・・いやいや違くて(笑)

今更ですが、マクラーレン MP4-12C GT3、フジミのキットです。

このキットで、これを作りたくて・・



2013年のFIA 世界GT選手権、第5戦 ナヴァーラで、あのセバスチャン ローブが

ドライブして優勝したマシンです。詳しくは良く分かりませんが・・。



ローブ様と。このマシンを、ミューコレのハクリデカールを使用して、さらっと作って

みたいのです。決して、ラブライブではありません(笑)

ラリーカーじゃないですけど、たまには良いですよね。



ボディです。フジミとは思えないシャープな作り(すいません)分厚い補強板です。

てか、価格5,000円にしては、内容は随分さっぱりしたキットですね。良く言えば

作りやすいキットなのかな。ほとんどデカール代なのかな。



ドア部分を合わせてみました。おおう、かっちょいー。

 

ボンネットのスリットの抜けが悪いので、ヤスリと裏からデザインナイフでカンナの

要領でカリカリとうすうす攻撃の図。



窓枠のモールドがはっきりしてないので、稜線部分をディバイダーでコリコリと

スジボリっす。ひえー、がったがた。



フロント、リアのメッシュ表現部分は、エッチングに置き換えようと思いますので

開口しました。裏にガイドが入っているので、開けやすかったですね。



サフを吹いて、ヤスリで一皮向きます。ヒケ、パーティングライン処理です。



フィニッシャーズのファンデーションホワイトを吹いた後、ピュアホワイトを3回くらい

吹きました。

いやー、ワタシにしては快調なペースです。何か、今回すごく楽しいです。部品点数も

少ないし(笑)

キットを作りかけにして、他のキットに手を出すっていうのは、本当は嫌いなんですが

今作りたいキットを、作りたい時に楽しく作るって大事ですよね。趣味ですもんね。

いやいや作ってもしょうがない。

今年は気兼ねなく、作りたいキットを作りたい時にどんどん作っていきたいと思います。

フォード フィエスタ(6)

どーも今晩は。

いよいよ年末ですねえ。この師走の独特の感じ、結構好きです。

世間の皆様は、これから正月休みに入られる方が多いと思います。

んが、ワタクシは仕事の関係上、年明けまで修羅の道に入りますので、ほとんど

進捗も無いのですが、年末のご挨拶も兼ねて、今のうちにほんの少しだけ更新しときます。



リアウイングのカーボン再現ですが、デカールを上手く貼れる自信が無かったので

塗装で再現です。奥さんにもらったストッキングを利用します。黒を塗った

ウイングに被せて、ガンメタルを吹きました。



同様に、フロントグリル部分にもパンストガンメタル攻撃。



これが噂のカーボンデカール(笑)ここまで違うと笑えます。



んなもんで、これもパンスト攻撃。写真だと、上手く写ってないですが、

ワタシ的にはいい感じです。



とりあえず、塗装でカーボン再現してみました。

うーん、十分十分。

全然進まなかったなあ。今年のフィエスタの製作は、ここまでになりそうです。

来年頑張ります。








製作は進んでおりませんが、物欲はいささかも衰えず・・・



ジムニー、買っちゃいました(セナさーん、買いましたよー♪)



こんなのとか・・・(うーん、かっこええっすなあ)



こんなのまで、自分へのクリスマスプレゼントと称して、買っちゃいました。

置く場所がないっす・・・

誰か止めてー・・・

良いお年をー




 

模型屋探訪(5)

天気の良い日に見る富士山は、本当に最高ですね。




さて、久しぶりに模型屋探訪ですが、ワタシの通勤途中にあります赤羽の名店

「ヤマナカ模型」さんです。



赤羽駅から程近いので、立ち寄るには本当に便利なんです。

ビルの1階と2階が店舗になっており、1階がプラモデル、2階が鉄道模型や

ラジコン、モデルガン等になっています。

1階のプラモデルコーナーについては、カーモデルはもちろんのこと、ガンプラ等各スケール

モデルが充実しております。だけでなく、しっかりと割引価格で販売されておりまた、

掘り出し物の中古品も並んでおります。もちろん、塗料等の備品も充実しております。

良いお店です。

で、昨日ふらっと立ち寄った際に・・・



ハセガワのミウラ。つい、買ってしまいました♪ かっこええっす。



緑のボディが、なんともたまりません。


あと、模型屋ではないんですが、先週の土曜日にSTUDIO27さんのガレージセールに

行ってまいりました。近いので。



今回、特にこれは!というものはなかったのですが、



クラブの今期のお題である「フォード車」のデカールを少々購入いたしました。

今回、NGデカール等の販売はなかったのですが、えげつなくオークション等で転売されて

いるのを見ると、しょうがないのかな、と思います。残念ですが。


そして、もうすぐクリスマスですね。皆さんプレゼントは用意しましたか?

去年も同じ内容をアップしたのですが、



クリスマスに空けようと、MARTINIのスパークリングワインを購入しました。

MARTINIのロゴが萌えますね~。うーん、悲しい性(笑)


そしてワタシは、一足先にサンタさんに素敵なクリスマスプレゼントをもらいましたよ。



一時停止違反って・・・・orz・・・


メリークリスマース!














フォード フィエスタ(5)

先日、やっと欲しかったBeemaxのM3を入手しました。



今までは、某F社のモデルでモヤモヤしてきたところですが、まさかプラの

インジェクションキットが販売されるとは。いやあ、うれしい。

でも、Beemaxさーん、アオシマさーん。早くラリーバージョン出して下さいね。

待ってまーす。

コルベットのC7は、あまりかっこよさに買ってしまいました。早く作りたいところです。


買い物ばっかで、なかなか手が進んでませんが・・

フィエスタですが、他の方の作例を拝見するに、前輪の車高が高いように見受けられます。

実車が高めなので、間違っちゃいないんですが、模型的にもうちっと下げたい。

で、前輪のサスを2mmほどカットしました。



右がキットのまま。左がバネ部分を2mmほどカットして、軸を打って接着したものです。

で、ドライブシャフトの接着位置も変わりますので、



見にくいですが、元のキットの穴の下にピンバイスで穴を開け、そこにドライブシャフトを

接着します。

で、シャーシ周りを組みあげて、仮組みをしてみましたが・・

あれ?

 
 

もうひとつ下がってない。

 

実車はこんなもんかもしれませんが・・。もうちっと下げようかなあ・・。

あ、仮組みのときにホイールハウスの一部分が非常にきつく、ボディを組む際、

ボディが悲鳴を上げてますので。



ホイールハウス後端の角の部分を



ちょいとカットしました。これで組むときに、ボディに与えるストレスを

軽減できますかね。

マフラーなんですが、キットのは排出口の穴が開いてません。



一台は、素組でそのまま黒を塗って仕上げよっかな、てな感じですが、

もう一台は、



開口するのもめんどいので、カットして

 

アルミパイプに置き換えました。また、キットよりもうちょと口が

下を向くように接着しました。

年内に完成・・・は無理だなあ・・・














フォード フィエスタ(4)

いやー、北日本は大荒れのお天気のようですが、関東地方は今日は

暖かい良い天気でした。



エボシ岩が良く見える。


更新は間が空いていますが、フィエスタはあまり進んでいません・・・

特にアップする内容もなかったりしますが・・・・



とりあえず、ボディにウレタン吹いてみました。

数日、乾燥させます。

あと、何で進んでないかと言いますと、前回チラッと映ってましたが



これが気になっちゃって・・



こっちにまで手を出してしまいました♪

ベルキットの別売りデカールを使用して。2012年のフランスラリー、ラトバラ車にしてみまし

た。フィエスタの中では、屈指のカッコよさだと思います。

いやー、デカール苦手のワタシには、ものすごく大変でしたが、何とか貼れました。

でも、これからツヤありとツヤ消しに塗り分ければならず・・・・

みなさんにお披露目できるか分かりませんが、頑張ります(笑)

フォード フィエスタ(3)

みなさん、こんばんは。

関東地方、
明日は雪予報っていう・・。まだ11月ですよ。本当に降るのかなあ・・。

さて、またまた今日スーパーで、こんなものを発見しました。



ペヤングの「わかめMAX」!!

またまたペヤングシリーズ(笑)

今まで、さんざんな目に会ってきたペヤングですが、懲りずに購入しました。

今回は、「わかめMAX」ですから、きっと蓋から溢れんばかりにわかめが入っているかと

ワクワクしたのですが・・

確かにわかめは普通より多めでしたが、想定よりかなり少なめでした。ちょっとがっかり。

ふつーのあっさり醤油やきそば、わかめ多めてな感じでした。まあ、美味しかったですけど。

マルカ食品さーん。もっといつものようにびっくりさせてー(笑)

てか、ダイエット中になに食ってんでしょう・・


フィエスタの進捗状況ですが、

ボディの修正が終わりましたので、フィニッシャーズのファンデーションホワイトを

吹いた後、ガイアのアルティメットホワイトを吹きました。



しっかり乾きましたので、苦手なデカール貼りにいきます。

今回は、ルネッサンスのデカールです。

ボンネットのアウトレット形状を修正したので、付属の青いラインのデカールが合わなく

なってしまったので、塗装で再現します。



Aピラーから、ボンネットにかけてと、チンスポ部分を塗装にしています。

フィニッシャーズのピュアブルーとクレオスのコバルトブルーを半々くらいに

混色しましたが、デカールの色とあわねー!デカールはもっと赤っぽいブルー

でした。うーん、失敗失敗。もういいや・・・。



概ね貼りやすかったですが、一部形状がおかしかったり、合わなかったりして

ますので、手直ししながら貼ってます。

あと、何箇所か重ね貼りになるところがあるので、貼る順番を間違えると大変な

ことになりますので、確認しながら作業してます。

リアフェンダーにかかる部分等、マークソフターや熱湯ティッシュ攻撃を駆使して貼ってます

が、何箇所も失敗。タッチアップとパッチワークの嵐です。しょぼーん。

いつものごとく、仕上がりが汚いです。



とりあえずひと段落です。





フォード フィエスタ(2)

このたび、同じ「W.R.C」のメンバーでいらっしゃる、ししゃもさんのブログ

「ラリ車をつくろう」とリンクさせていただく事となりました。

ずっと前から拝見させていただいていたブログでしたので、非常に光栄です。

超有名サイトですから、皆さんご存知かとは思いますが、是非ご覧ください。



さて、フィエスタですが、ボディの改修を進めます。

まず、ドアノブの部分が抜けていませんので、ドリルで穴を開けようかと思ったのですが、



おゆまるで型取りして、



ポリパテで複製しました。

その後、キットのドアノブは削り落としてしまいましたので、後で複製した

ドアノブを取り付けます。

次に、ボンネットのアウトレットですが、形状が若干ですが違うみたいです。



キットのアウトレットは、画面で言いますと、右下が角ばっていますが、



ライトレンズのラインから、繋がっているような形状になってるみたいです。

パテで修正しましたが、違いがお解りですか?

キットのボックスアートを見ると、良く分かると思います。



上からの図、よく分からないですね。

内側方向にも拡幅してます。

まあ、キットのエッチングも使えなくなりますし、やらなくても良かったかも。

あとは、フロントグリル部分ですが、



キットのグリル部分は抜けておらず、オイルクーラー(?)も一体成形となっていました

ので、



ぶち抜きました。

オイルクーラーの再現は、後で考えよーっと。


ボディは、意外とパーティングラインやバリが盛大にありますので、

もうひと頑張りしたいと思います。
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2017 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]