忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

シエラRS Q8(3)

 どうもこんにちは。

いよいよ新元号になりましたね。皆様、令和時代もよろしくお願い致します。


シエラです。4×4はほったらかしになってますが、、



とりあえず、プラ板でチンスポを再現しました。実車画像を見ると、あるようにも

無いようにも見えるのですが、とりあえず装着。



ちょっとボケちゃいましたが、キットのキルスイッチのモールドはデカすぎるので

一旦削って、虫ピンに瞬着を盛ったものに着色して、刺しておきました。



リアのラリープレート、でかいなあ・・



ジャッキアップの赤いフックは、プラ板でそれっぽく。あくまでそれっぽく。

ウインカーは、内側にピンがあってすごく目立つので、切り飛ばして目立たなくなるまで

ヤスッて磨きましたが、微妙に跡が見える・・



ホイールは、前回の複製品の余り、、、だったかな??凄く出来は悪いですが

そのまま使用。ピン部分を切り飛ばし、ブレーキディスク部分に位置決めして

接着しました。



とりあえず完成です。



4×4を先に始めましたが、こっちが先に終わっちゃいました。

 

4×4のQ8カラーと並べたくて始めたのですが、4×4は手が止まりました・・・。



シエラRSコスワースの中では、絶対Q8カラーがカッコいいと思います。自分的には。



DMCデカールは、劣化していたのか、かなり貼りにくかったです。

シルバリングも処理しきれない部分が残ってしまいました。



まあでも、ずっと作りたかった仕様なので、完成できて嬉しいです。



以前作った88年仕様のシエラと2ショット。



実際は、この2台は同一車(らしい)ので、この2ショットはありえないのですが。



でも、かっこいいっす。



こうなったら、ほかの仕様も作り倒してみたくなっちゃいますね。

サインツとかマクレーとか、バタネンとか。



余勢を駆って、4×4も仕上げたいところですが、、うーん、、、


とりあえず、シエラRSコスワース、終了です。ありがとうございました。


PR

シエラRS  Q8(2)

どうもこんにちは。またまた間が空いちゃって。

世間では、今日からGWだそうですね。10連休ですか?う、うらやましい・・・

連休なんぞは関係ないワタシは、皆様がお休みの間も、鬱々と仕事です・・。

みなさま、どうぞGWをお楽しみ下さい・・うう・・・。



シエラです。4×4のほうは、煮詰まってしまってどうにも手が進まないので、

こっちを先に進めましょう。



ボディは、ウレタンクリアを吹いたあと、研ぎ出しまで終わっております。



リアです。ちょいちょい外装を取り付けていきます。



シャーシですが、内容は前作のシエラと同じです。リアセクションを切り取って

プラ板を貼りました。



ロールバーは、キットのをベースに、2mmのプラ棒で作り直してます。



さらっと装着。いつもながら、シートベルトは色画用紙。燃料タンクは、以前に

レジン複製したものを使ってます。



燃料タンクのパイプは、ストローのフレキ部分です。あんまり、お見せする部分じゃ

ないっすね・・。



Aピラーのロールバーを装着。ルーフ部分は省略です。見えないし。


さあ、いい加減完成させたい。

何とかGW中には・・。あ、連休ないんだった・・・・。

シエラRS  Q8(1)

どうもこんにちは。今日は、とても暖かいですね。

最近、ブログの更新、シエラ4×4の製作ともに一向に捗ってはおりませんが・・

ちょっと違うキットを。ってか、ちらっと写ってましたけどね。



シエラです(汗)またフォードかよってのはナシで、ひとつ・・。

いや、どうしてもこの仕様が作りたくてですね。



クニコのコルシカ仕様、Q8カラーのシエラです。

 

初めてこのカラーリングを見たとき、すごくかっこよくて一目惚れしちゃいました。

しかしこのQ8カラーのデカール、なかなかお目にかかることができず、

ここまでのデカールを自作するスキルも無いワタシは、指を咥えていつか作りたいなあ、と

妄想しておりました。

しかーし、DMCデカールなる、デンマーク製(違ってたらごめんなさい)の

デカールで、このQ8カラーのデカールが製品化されていることを知り、某イギリスの

ショップに注文したのが1年半前。未だに入荷ナシ・・・・(おいっ)
 
涙に暮れていたところ、先日運よく違うルートから入手することが出来ました。



これでございます。うれしー!!

うーん、でも白部分が若干黄変してる・・。太陽光ブリーチしなきゃ。



てゆうか、もうボディの塗装まで終わっちゃってます。もちろん、フロント周りや

ボディの修正は、前作同様修正をしておりますが、4×4のほうにばかり気をとられて

一切写真を撮っておりませんでした(あれー!?)。



塗装は、4×4と同じく、黄色はファンデーションクリーム、青はスーパーディープブルー

いずれもフィニッシャーズでございます。

クリアーを薄く吹いた後、待ちきれずにデカールを貼っていきますが・・・



古さは感じてましたが、すげーシルバリング(笑)処理が甘いっす。
 
ちょっと割れやすかったり、またしてもすんなりとはいきません・・・。



しょうがないので、いまさら可能なかぎりの余白除去と、デカールをつついて

デカール接着剤を流し込み・・



まあ、少しは良くなったかな。あんま変わんないか・・。

せっかくデカールを手に入れたのに、何やってんでしょう、ワタシは。



とりあえず、貼り終わりました。ちょっとデカールが古かったので、DMCデカールの

ホントの貼り心地は分かりませんが、概ね良いんではないでしょうか。

いやしかし、4×4とQ8カラーで並べるのが、ホント楽しみですよ。

まあ、4×4のほうを優先で、ゆっくり作っていきます。



ところで、先日



ラリーカーズの最新刊が発売されましたね。

今までの販売サイクルより2ヶ月遅れでの発売でしたが、これだけのクオリティの

雑誌を今まで年4回発刊してたほうがすごいですよね。このお値段で。

今回も内容盛りだくさんで、読み応えばっちりです。

詳しいレビューについては、カーモデル界の良心、hamadaさんのサイトをご覧ください。
 
ラリーカーズ、ひとつ困ってしまうのは、毎度毎度



作りたくなっちゃう病(笑)131は、はるか昔に素組したことがありますが、

いやもう酷い、もったいない。そのうちしっかりリペアして、成仏させたいと思います。


プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2019 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]