忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

シトロエン クサラWRC(9)

どうもこんにちは。

今日は暖かかったですね。気持ちよかったです。お花見でもしたいところですが、

来週予定があった上野公園の花見は、中止になってしまいました。まあ、仕方ないですね。



さあ、クサラです。



エグゾーストですが、キットのは穴すら開いてないのでストローに換装してます。

ちょっと太かったかな。

トランクリットのダブルシェブロン部分は、プラ板で作り直してます。ちょっとガタガタ。



サイドミラーは、何かのジャンクを加工して利用します。



アンテナは自作ですが、実車とは基部が違いますが、まあいいか。

あと、整流板ですかね?良くわかりませんが、エッチング部品を紛失してしまったので

プラ板で製作しましたが、形が左右で微妙に違うのはご愛敬ってことで何卒・・・



小物をボディに取り付けて、完成にしますー。




エレールのキットです。基本的に大雑把な作りですが、完成するとかっこいいですね。



スタジオ27のデカールを使って、2002年 ローブのモンテカルロ仕様にしてみました。

幻のウイナーカーですね。



ホイールアーチは、キットのままだと巻き込みすぎ&広すぎるので、前後とも形状変更

しました。リアの形状をもっと頑張りたかった・・。



トランクリットのダブルシェブロン部分は、プラ板で作り直し、マフラーは穴すら開いて

なかったので、ストローに差し替えました。



ダブルシェブロンは、メッキをハイターで剥離して、プレミアムメッキシルバーを

吹きました。



ホイールの取り付けは、キットのままだと車高、車幅ともに決まらないので、取り付け

部分のダボを削り取り、プラ板を介して直付けしてます。



これは室内撮り。さっきまでは屋外撮りです。

クリアグリーン&クリアブルーでウインドウを着色してみました。ちょっと濃かった

かなー・・。



以前作った2006年ゴロワーズ仕様と。



ああ、とてもかっこいい・・・。



ゴロワーズを作ったのって、何年前だったかな・・。5~6年前か・・もっと前か・・。

いずれにせよ、技術の進歩が感じられない・・・・・・orz



ちょっろリアの車高を下げ過ぎたかな・・

あと、一部デカールも残念な事になってます。まあ、1m離れてればわかりませんって。



ピラーのグラデーションは、ブラシ塗装してみました。

苦労しましたが、報われない出来になっています・・。



何かものすごいシャコタンに見える・・



あ、アンテナが倒れてる・・

以上でクサラ終了です。

さあ、一杯やろーっと。
PR

シトロエン クサラWRC(8)

どうもこんにちは。

先の見えない毎日で不安がいっぱいですが、皆さんいかがお過ごしですか。



さて、クサラです。大詰めなんですが・・・



キットはドアの内装表現がありませんので、スタジオ27のエッチングパーツにある

型紙に従ってプラ板で作ってみました。これをボディの内側に貼り付けようとしたんです。

貼り付けるのに瞬着を使ったのがいけなかった・・・・・・

固定しようと手で押さえたんですが、指先に瞬着がついてしまい、ボディ側に指が

くっついてしまいました。

あっ!!と気が付いて指をはがしたら、「バリッ!!」



・・・・・・・あーあ・・



しばらく放心状態で、やる気が失せました・・・・







と、落ち込んでも仕方ない。(こんなんばっか・・)

まあ、剥がれた場所が良かった。汎用が効く部分なので、ジャンクデカールで何とか

します。段差をならすべく、剥がれた場所にウレタンクリアを盛り付けて、乾燥後、研いで

ならします。ジャンクデカールを探しますが、意外とジャストサイズがなく、やっと

見つかったのが、スタジオ27のカローラWRCのやつです。



おお、おおむねドンピシャ。ちょっと下地を処理しきれなくて雑な感じだな・・。



とりあえず、余計な部分をマスキングして・・



・・・まあ、いいか。

ちょっとした油断からすごい遠回り&汚い仕上がりになっちゃいました・・。



ホイールは、ちょっと大きいですがキットのを使います。ボルトの穴を一回埋めて

穴を開けなおしています。

タイヤはタミヤの18インチを使います。



タイヤをはめてホイール部分をマスキングします。タイヤ部分にはプライマーを

吹いています。



タイヤマークを貼って仕上げにつや消しクリアとクリアブラックを合わせたものを

吹いています。先にタイヤを嵌めたのは、後からの場合タイヤマークが割れてしまうことが

あるからですね。



ウインドウは合わせが悪く、歪みもあるので、リア部分をカットし研ぎ出しも

しています。



裏側からクリアグリーン&クリアブルーを、デカール貼り付け後表からクリアーを

吹いて、軽く研いでいます。

ちょっと色が濃かったかなー。

さあ、もういい加減完成させたい!

シトロエン クサラWRC(7)

どうもこんにちは。

いやあ、ずいぶんと間が空いてしまいました。

手を動かしていなかったわけではないんですが、花粉症とかもあって今一つエンジンが

かからずにいました。

また、コロナウイルスの騒動もあり、落ち着かない部分もあったのかなと思います。

一日も早く収束することを願ってやみません。


さて、クサラです。内装いきます。



床のディテールを削ってしまったので、プラ板やジャンクパーツで再生します。

インパネはキットのデカールですが、随分残念なことに・・・



まあ、この辺はてきとうに。



リアのロールバーは、ちょっとつじつまが合わないので



なるべく、実車に近くなるように加工してみます。



実車とは違うところもありますが、まあ雰囲気で。キットのままよりは

いいんじゃないでしょうか。



スペアタイヤの搭載位置を実車に合わせましたが、キットのタイヤだと大きすぎて

収まらなかったので、それっぽい小さめのジャンクホイールに差し替えてます。



とりあえず、内装はこれで終了にします。



いよいよ大詰めです。おいしいお酒をちびちびやりながら、ボディの仕上げに

入っていきますー。

シトロエン クサラWRC(6)

どうもこんにちは。

いや、ブログが何らかの障害で、1週間くらい閲覧も投稿もできない状況でした。

まあ、あまり進んでなかったんでいいんですけどね・・。



そんな中、ちょっとショックな出来事が・・。

以前、このブログでもご紹介した、神奈川県は溝の口の「イシハラi-box」が、今月で

閉店することになってしまいました・・・。



充実の品揃えで、お得なセール品もあったこの店は、近くに行った際は必ず寄っていた

好きな店だったんですが・・・ちょっとショックですね・・

閉店セールで50%引きってことだったんですが、ワタシが行ったときには、もう棚は

寂しいことになっていました。模型はもちろん、消耗品もかなり買われているみたいで

したね。



もっと沢山キットを買いたかったですが、塗料を含め今回はこれを購入しました。

ああ・・・どんどん好きな店がなくなっていきます・・・・・・・。








はい、クサラです。

ウレタンクリアを吹いた後、研ぎ出しをしてから窓枠を黒で塗りました。



うーん、ルーフのモールの幅が広すぎだなあ・・。今更やり直せないなあ。

気を取り直して、ちょっと室内を進めましょう。





キットのダッシュボードと、資料本との比較です。以前、ほかのサイト様でも出ていましたが

ダッシュボードのディスプレイ部分の出っ張りがちょっと寂しい。



思い切ってぶった切ります。



はい、ざっくりとこんな感じです。



プラ板を積層しまして



だいぶいい感じに出っ張りました。



キットの室内ですが、いろいろモールドされてますねえ。この消火器?変な形状です。

フットレストですか?良くわからないですね。あとスペアタイヤ固定位置に出っ張りが

ありますが、実車のスペアタイヤはこの位置ないですし・・。

配線もいろいろモールドされてますけど、こんなの塗り分け出来ません。なので、



邪魔なモールドを除去して、さっぱりしました。後で別パーツで再現したいと思います。



実車のリア部分です。画像は2006年あたりみたいですが2002年も余り変わらないみたいです。



キット。これは厳しい。リアサスまわりの形状が一切省略されてるかんじですね。

リアウインドウから丸見えなので、最低限なんちゃってでも手を入れたいところです。



プラ板とパテでこんな感じででっちあげました。



燃料タンクもプラ板で。

うーん、まあ雰囲気ってことで何卒。


シトロエン クサラWRC(5)

どうもこんにちは。

先日、あるご縁で、ものすごく当たると評判の占い師の方に、手相とタロット占いを

診ていただきました。

ええ、ええ、たしかに気持ち悪いくらいによく当たりましてね、いろいろ考えさせられる

ことも多かったですね。

その中で、「無駄遣いはするほうではないが、散財には気を付けること」と

「お酒を飲みますね?生活習慣病に気を付けて、くれぐれも飲み過ぎないように気を付け

ること」

診ていただいた中で、この2点が心に刺さりました。うーん。

とりあえず、今年は無駄な模型の購入や、飲酒は控えようかな。ええ、ええさっそく禁酒

しましたよ・・・





一日だけ・・・・・・・



最近、お酒がおいしくていけません。まあでも、そろそろ年も年ですからね。いろいろ

気を付けなきゃいけません。



さて、クサラですがボディの塗装も終わりデカールを貼っていきます。

今回は2002年モンテカルロのローブ車にしてみます。



スタジオ27のやつです。カルトグラフなんですが、結構古いのでちょっと心配です。



これですね、これ。

レースは、マキネンのスバル移籍初戦でした。結果としてはマキネンの優勝、ローブが2位

でしたが、これは認められていないタイミングでタイヤ交換してしまったシトロエンへの

ペナルティが原因で、ラリーをリードしていたローブに2分のペナルティが課された結果で、

いわば棚ボタ的な優勝でした。

どんなにアタックしてもローブを引き離せない、追いつけないマキネンの焦りの顔が

すごく印象的で、優勝後も浮かない顔でしたね。世代交代を強く感じました。



さっそく貼っていきますが、発色はいいですが、古いせいか台紙から全然剥がれません・・。



マークセッターやデカール糊を駆使して何とか貼っていきます。



リアです。このあと、お約束のデカールトラブルがすごく心配です・・・・。



ピラーのグラデーション塗装です。

まあ、何とか・・・。これで勘弁してくだせえ・・。




乾燥後、ウレタンクリアを吹きました。

吹きましたが、若干シルバリングの症状が・・・。またか・・・。

進歩なし・・・・・。


シトロエン クサラWRC(4)

どうもこんにちは。


クサラでございます。



ボディですが、修正を終了(あきらめ)し、塗装に入っていきます。

ファンデーションホワイトを吹いてから、クレオスのクールホワイトです。

そして、このクサラのカラーリングポイントはやはり、ピラーのグラデーション塗装ですね。

デカールでも勿論良いんですがね。何とか塗装で頑張ってみようかと思います。

エアブラシで細吹きが必要になると思いますが、0.2㎜の細いのを持ってなかったので、



ポチッとしました。格安の中華ですね。「模神」なんて御大層なネーミングですが、

3,000円もしない製品です。



こんなんです。まあ、ニードルはくにゃくにゃでコシはないし、各部ねじの合わせも

硬いったらありゃしない、、。でもまあ、ワタシにはこれで十分です。



本番前に、何度も練習っす。塗装やり直しで、塗装剥離コースだけは避けたいですからね。

でも、塗料の希釈具合とか、コンプレッサーの圧とか、色々難しいっす。



まずは黄色から。低圧でふわっと。クレオスのキアライエローです。

うーん、何か違う・・。もっと細かい粒子で吹き付けないと・・。圧が低すぎたかなあ。

練習不足っす。



フィニッシャーズのブライトレッドを吹きましたが・・。

こんなんで良いのか・・。もうちょっと足掻いてみます。


・・・・・・・デカールにすっかな・・。

シトロエン クサラWRC(3)

皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。


年末年始の仕事の忙しさがひと段落し、やっとつかの間の休みです。

世間は9連休ですか・・。いいですねえ・・。



昨日は箱根駅伝を見てきました。青学、強かったですねえ。

今年は、ランナーのみなさんの足元、ピンクのナイキの厚底シューズ着用率が高かったのが

印象的でしたねえ。

反発板が入っており推進力が生まれ、厚底なのでクッション性に優れ疲労が少ない

というのがセールスポイントみたいですね。まあこの記録ラッシュはランナーの皆さんの

努力の成果、というのが前提ですけどね、シューズといえど、技術革新はすごいもの

ですねえ。


殆ど進んでないクサラです。


何か、屋根のスジボリがよくわからんことになってたので、一旦ポリパテで埋めてから

プラ板でガイドを作って、カーバイトで掘りなおしています。



うーん、幅が広すぎた・・もう一回埋めなおして堀りなおそうかな・・。

 

ダブルシェブロン部分は、真ん中にはめ込むというよくわからない再現になっているので、、、



一旦削り落としました。あと、両サイドのくぼみにエンブレムをはめ込む斬新な

表現になっていますので、ポリパテで埋めて均しています。あとで、エッチングか

デカールで再現します。



前回同様、プラ板でこんなん作って、



こんなんです。うーん、作り直そうっと・・・。



リアのホイールアーチも悪戦苦闘しておりますです・・。

一度やってても、難しいもんは難しいですう・・。



フロントも、プラ棒を巻いて、もう少し整えますです。



ホイールアーチに手間取り、終わらない無限ループに突入いたしました。

まったく先に進んだ感がありませんが、もうちょっと頑張ります。




ま、とりあえずつかの間のお正月気分を、おいしいお酒とともに楽しみます。

ぐふふ。

シトロエン クサラWRC(2)

どうも、メリークリスマスです。

みなさん、素敵なクリスマスを過ごされてますか?



ワタシは例年、年末が忙しくてですね、クサラも殆ど進んでないんですがね、

せめてクリスマス気分を味わうべく、マルティニのスパークリングワインなんぞを

グビグビやってる次第です。はい。



まあでも、多少の進捗を記しておきますです。



ボンネットのエアアウトレットのヘリ部分ですが、ちょっとばかり低いかな、と。



プラ板と瞬着で、高さを稼いでみます。もうちょっときれいに、薄く成形します。



あとは、ホイールアーチですね。キットは、巻き込むような凄い形してます。

それとキットのホイールは20インチ近いサイズですので、それに合わせるとこういう

形状になってしまうのでしょう。リアも同じです。



前回は、プラ板を巻いてパテで仕上げてホイールアーチを狭めました。

うう、ホイールアーチの赤ラインが前傾してる・・・。



今回も、田宮の18インチに合うように成形していきます。うーん、まだまだですね。



この辺は、もうちょっと時間をかけて仕上げたいところです。


年末でいろいろバタバタしておりますので、年内もう一度更新出来るかわかりませんが

それでは、また。ハッピークリスマス!!


シトロエン クサラWRC(1)

どうもこんにちは。

C4が完成してから少し時間が空いてしまいました。

というのも、年間テーマである赤いラリーカーをどれにするか、悩みに悩んでしまって

手が止まってしまったんですよねえ。

まあでも悩んでる時間も勿体ないので、製作を開始します。今回は・・・・



はいこれ、エレールのクサラWRCです。

以前に2006年のゴロワース仕様を作ったことがありました。



ルネッサンスのデカールを使って作りましたが、いやあ、ホントに大変な思い出しか

ありません。肉厚で手の入れるところが多くて・・

でもまあ、出来は別にしてものすごくかっこいいです(自分的には)

2台目の製作ですが、2001、2002年仕様は真っ赤なボディですしシトロエンつながりで

再度チャレンジしてみます。前回の製作ポイントを思い出しながら、効率よく

進めたいですね。



画像は2002年のドイチェランドですかね。ローブのWRC初優勝かな?

どの仕様にするかは決めかねていますが、とりあえず2001、2002年のいずれかの

仕様にしていきたいと思います。



はいこれ、ボディです。基本的な形状は全く問題ないです。かっこいい。

ただいくつか問題点がありますね。まあワイパーはアレとして。



ボンネット中央のプレスラインは、ちょっと寂しい表現なので、



伸ばしランナーを中央に貼って、パテで成形して盛り上がりを再現します。

ついでに開口していきますが、肉厚がすごくて穴をあけるのも一苦労です。



フロントの開口作業終了です。いやー、プラ厚がすごくて手が痛いです。

まだまだ手を入れるところが盛りだくさんですが、じっくり作っていきたいと

思います。では。


プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2020 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]