忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

シトロエン サクソS1600(4)

どうもこんにちは。だいぶ間が空いてしまいました・・。


コロナウイルスといえども在宅勤務ということはなく、いろいろとバタバタしていたことも

ありますが・・

この度、長らく付き合ってきたアイツとお別れが来ました。

・・・・・・・・・・・

かれこれ10年近い付き合いでしたでしょうかね、そう、我が愛車

ZC31Sスイフトスポーツを手放すことに致しました。

イエロービュレットの愛称でJWRCを席巻した姿に心を奪われ購入を決意し、

それ以来の長い付き合い。まあ、スペック的には大したことはないかもしれませんが、

M16Aエンジンはよく回り、コンパクトなボディと併せてとても楽しくドライブすることが

できました。

しかしながら、経年劣化と併せて、決して広くない車内をはじめモンローの硬いショックは

家族からの評判は悪く、最近では洗車の度に黄色いボディカラーが流れてしまう始末。

年末に車検も控えていた事から、手放すことに致しました。ああ、次の人生(車生)も

幸せにね・・。  さみしー・・。


 

次の車はまだ納車されてないんですが、まあ今回はフツーの車ですので・・。

その手続きやら車探しやら何やらで、まったく模型に手が付かなかったです。





ほとんど進んでいないサクソです。



キットのウインドパーツが微妙に合わないので、型紙を起こして塩ビ板を切り出します。



こんな感じですかね。リアウインドはキットのを使いますが、何かボコボコなんすよね。

微妙に合いが悪いし・・。



サイドは外嵌めにしてますが、うーん、微妙・・。前後ウインドのラインが

合ってない・・。



ヘッドライト、テールライトはクリアレジンかなんかですが、黄ばみ、破損があって

そのままでは使えません。



パーツを基に、いつものヒートプレスで絞ってみました。



とりあえず、使えそうなのを選別して、テールライトを着色っす。

うーん、もう一つな出来ですねえ。。



布団とウインドウも、今一つサイズが合ってないんですが、デカール貼っちゃったしなあ・・



キットのホイールも、ガタガタで修正が大変です。てゆうか、タイヤも硬化してて

ホイールにまったくはまってくれなくて・・。



最初からやり直したい・・・・。

これ以上ないくらい、煮詰まってます・・。いったん保留しようかな・・。



PR

シトロエン サクソS1600(3)

どうもこんにちは。

外出自粛が叫ばれていますが、ニュースでも報じられている通り、

海辺はおいおい、っていうくらいに結構な人出で・・車も混んでるし・・・





いくらオープンエアーって言っても、サーフィンだ、バーベキューだって・・・

ちょっと愕然としましたが、人はストレスが溜まると海を見たくなるのでしょうか・・



サクソです。



フロントグリル部分の拡大と、ボディの修正をちまちまやってます。



リアです。実車はリアハッチの下端部分が抉れているんですが、キットではその再現が

ないので、軽く削っておきましたが、うーん、よくわかんない・・。



ボディ修正もそこそこに、我慢しきれずボディ塗装しました。

赤は、フィニッシャーズのブライトレッドを吹きました。良い色ですね。



デカールは、結構黄ばんでいました。3日ほど日光漂白を行い、概ね使える色合いに。

それでも使用には不安があったので、いつものようにリキッドデカールフィルムを

ラッカーシンナーで希釈して吹いています。



何とか貼れましたが、砕けた部分もあったりして苦労しました。



リアフェンダーやサイドモールにかかる部分で苦労しましたが、ドライヤーや熱湯を

駆使して、何とか貼りました。うーん、サイドモールをもっと削ればよかった。



サイズの違いや、シルバリングもあったりしてちょっと微妙な感じですが、デカールが

古かった割には、まあまあ何とか貼りこめました。

ぬぬ・・屋根が窪んでるような・・・気のせい?


シトロエン サクソS1600(2)

どうもこんにちは。

今年のラリージャパン、実施予定とのアナウンスがされましたが、どうなりますかね。

今年は行く気満々ですが、このままでは中止になってしまうんですかね。どうでしょう。



サクソです。



レジンキットですので、パーツの脱脂をおこなっていきます。

いつものように、泡クリーナーに漬けてから中性洗剤で洗っていきます。



はいサッパリ。なかなかいいですね。某有名海外キットよりも、よっぽどシャッキリ

したモールドです。・・が、難がないわけじゃありません。



ボンネット先端、パーツの変形はそれほどでもないのですが、フロントグリル部分が

何故か寸足らずです。おかげで、グリル開口部も小さい&形が変です。

あと、コルシカ仕様はチンスポがもう一段ついてますが、それが再現されてませんね。



はいここ。格子モールドがガッタガタです。バリ取り等頑張りましたが、これ以上

綺麗に整形できそうもないので・・・・



全部切り落として、プラ板で再生しました。かなりスッキリしました。

チンスポはモールドを追加するべく1㎜のプラ板を張り付け、延長、成形してから、



ディバイダー、であたりをつけてから、彫り込んでいきます。



ボンネットは、先端をプラ板、パテで延長、開口部も拡大しました。何か、折れそうだ・・。


まだまだ下地処理に時間がかかりそうです。

シトロエン サクソS1600(1)

どうもこんにちは。

今日の普通の日常が、明日も続くか分からない、先の見えない毎日ですが、

前向きに頑張っていくしかないですね・・。はあー・・。

出勤も命がけですもの・・。



さて、307も終わって次のに行きます。

今回はこれで行きます。



MM24のマルチメディアキット、シトロエンサクソS1600です。



MM24って、ほとんど聞きませんが、6~7年前にネットで発見して、うわー欲しいーって

思ったのですが、その時は縁がなくて購入できませんでした。どこの国のメーカーかも

よくわかりませんが、何年か前に運よく手に入れることができました。

1/24のサクソって、これだけ(多分)だと思うので、貴重です。それゆえ、作りたいけど

なかなかその気になれず・・。でも今回、最近の赤いフランス車の流れから、せっかくなので

作ってみたいと思います。



今回はもちろん、2001年のツールドコルス、ローブでいってみたいと思います。

結果は13着だったと思いますが、同じ年のS1600選手権では6戦5勝の圧倒的強さで

王者になってます。

 

はい、中身です。おー、いいんじゃないですかあ。



フロント。ぬぬ?フロルの下が寸足らずですかね?隙間が目立ちますね。チンスポも

ちょっと違いますかね。



リア。リアゲートの下部のくびれ表現がないですが、概ねいいんじゃないですかね。



内装パーツ。エンジンもしっかり再現されてます。がんばります。



前後ライトパーツ。うーん・・・・黄変してるよ・・。しかもテールランプ割れてる・・。

作り直さなきゃいけませんね。



ホワイトメタルとエッチングパーツです。



ウインドウパーツと、なんとボディカラーもついてます。使うかは分かりませんけどね。



デカールです。ちょっと黄色味がかってますね。しっかり日光漂白したいと思います。





やっぱりそれなりに手を加えないといけないようですね。まあ、簡単にはいかない

ようですが、楽しんで作っていきたいと思います。

完成できるかどうか・・・。
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2020 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]