忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

フォード シエラRSコスワース(6)

どうも、こんにちは。

前回更新から今日まで、結局休みがなく、まとまった作業時間がとれずじまいでした。

そうなると、就寝前の僅かな時間を作業に充てるのですが、眠くて眠くて。

眠気と焦りと。しかし、ホビーフォーラムには間に合うか?いや、間に合わせたい。

そんな精神状態では、作業が捗る訳もなく、負のスパイラルに陥るのでした。

いやもう、大変。

やらかしその1

 

痛恨の凡ミス!!FORDデカール上下逆(笑)

まあ、ミラーを逆に思い込んでたのが原因なんですが・・。



とりあえず、貼りなおしました。で、その貼りなおしたデカールですが、

やらかし2

上の画像にミラー、はちまき、ドア前にFORDのデカールが貼ってありますが、

ジャンクデカールを流用したため、全て色調が微妙に違うという・・

いや、ミューコレのデカールを再度貼ろうとしたら、また欠けて・・

てゆうか、ミラーのデカール、でかいなあ・・。

やらかし3

リアウイングですが、摺りあわせしたんですが、全然ボディと合っておらず

スキマが盛大に開いております・・・あーあ・・

支点に軸打ちして固定したんだけどなあ、それがいけなかったか・・



やらかし4



ルーフのデカールですが、ゼッケンもpanachも、実車はもっと前みたいです。



前回の写真の流用ですが、ミューコレさんのガイドのトラップにひっかかりました。

ミューコレさんのデカールといえば、

デカールを貼った後にニスを剥がしますが、クリアコートの際、デカールの破損が

怖くてニスを残したところは問題なかったのですが(段差は残りますが)ニスを剥がした

ところが、ブクブクになってしまい、ザラザラの気泡祭りになってしまいました。

サイドのゼッケンやリアウイングのpanach等、大変なことになってしまいました。

修正しようとすると割れてしまい、非常に汚い仕上がりになってしまいました。

ウレタンなんですが、雨だったのでちょっとリターダーを入れすぎたか、ドバ吹きしすぎ

たか。とてもお見せできません・・・。

この他にも、



ウインカーの固定軸の除去跡を消しきれていなかったり。。



給油口のフチの楕円がいびつだったり、

水色のストライプデカールが前過ぎたり(これも痛恨・・)

ミューコレのタイヤマークが異常にでかいので、ジャンクデカールに差し替えたの

ですが、18インチ用だったために、曲率が合ってなかったり・・・

てゆうか、ウイングのスキマがあ・・・

 

キルスイッチは、キットそのままにしてしまったのですが、実車はもう少し

中央寄りだったり・・・(ミラーのデカールがでかいよ。。)

あと、ウインドウのはちまきも、接着の際エポキシボンドがはみ出してしまって、

はちまきを激しく汚損してしまい、塗装とデカール貼りをやり直しています・・orz

凡ミスのオンパレード。書ききれません。


時間が無い時に、焦って作業をすると碌なことにはなりませんね・・。

ほんとに情けない・・・。

まあでも、



一応、完成かな・・。



いやあ、ぎりぎりです。



遠目にはかっこいい



塗りわけもデカールも、がったがたです・・。

 

スミ入れがくどいなあ・・



あ、ホイールはたぶんREJIのです。

 

カッコいいんですが、うーん、もっとじっくり時間をかけて作りたかったですね。

やっぱり焦っちゃいけませんね。趣味はゆとりをもってやらなきゃいけません。

シエラはいくつか違うバージョンで作りたいので、またリベンジします。


ホビーフォーラムに持っていこうか、どうしようか・・。うーん・・・。厳しい・・。

少なくとも、間近で見てはいけません(笑)




直近製作の、フォード4台の図。


とりあえず、フォード シエラRSコスワース   以上でーっす。


 
 
PR

フォード シエラRSコスワース(5)

さあ、ホビーフォーラムに向けて最後の追い込み・・・

って、また週末に台風・・・塗装できないじゃん・・。


とりあえず、内装関係を進めます。

前回の内装は、ほぼツーリングカーのままという、とんでも仕様でありましたので、

出来る限りちゃんとやります。ええ、まあ出来る限りですよ(笑)

まずシャーシのリアセクションを切り取ります。

 

後ほど裏からプラ版を貼ります。

ロールケージもキットそのままだったので、分かる範囲で自作します。



一部キットのものをベースに、タミヤの2mmフレックスプラ棒を使用してます。

まあ、それなりです。合ってるかも分かりませんので。

あと、ダッシュボード廻りはほぼ前作のまま、手抜きです。
 
 

シートは、前作のものをそのまま使用してます。デカールだったシートベルトは

いつもの色画用紙に置き換えてます。



燃料タンクも、ポリパテの削り出しとジャンクパーツででっち上げてます。

よく見るとキズだらけです・・。



100均の4mmストローのフレキ部分を、3mmのフレックスプラ棒に被せて



うーん、苦しい・・。まあ、ガラス越しなら何とか。

実車の形状がこうなっているかは分かりませんよ・・。




とりあえず、こんな感じで内装は終了です。あ、Aピラーが歪んでる・・。



シートベルトが長すぎですね・・。シート後ろのピン跡が残ったままです・・。



てゆうか、タイヤロゴが大きすぎですね。ミューコレのデカールですが。



ここまで大きくないみたいです。困りましたねえ(笑)


ミューコレのデカールといえば、

 

はちまき部分を貼ったんですが、ちょっとずれたんで、動かそうとしたらすぐに

定着が始まってしまい、ホワイト部分が割れてしまいました・・・orz

写真じゃ見にくいですけど。

ちょっと動かしただけなんですが・・・

いや、もう、・・・勉強になります・・・。

このまま行こうとも思いましたが、



塗装で行きます。



おけ。



ジャンクデカールを貼ります。ちょっと大きめですが、良しとします。

あとでクリアコートしときます。

ハクリデカール、手ごわいです・・。勉強しなくちゃ。

時間が無い時に、ワタシみたいのが使っちゃいけませんや。


はーい、ホビーフォーラム、間に合いませーん(笑)

フォード シエラRSコスワース(4)

みなさん。生活の中で、あー、知らなきゃよかった!って事はありませんか?

かに味噌には、かにの糞も入っているとか、ポテトチップスは発がん性が高い可能性があるとか。

ええ、いろいろあるんですよねえ、知らなきゃ良かったって事が・・・


 





・・・・・・・

 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・

まじかー・・・。

ウイングのロゴ、逆じゃん・・。ミューコレさん・・・・。

てゆうか、よく見るとPanachの字の下にある赤いラインも無いっていうの、

今気づいた・・。あーもう、どうしよう・・。


と言いますか、ミューコレさんのデカールを貼っているわけですが、普通の

デカールとちがいハクリデカールですから、取り扱いが違います。

デカールを切り出して、保護シートを剥がして水につけて貼り付けます。

基本的にマークセッターやソフターは使わないほうが良いみたいです。

位置を決めて軽く水分を取り、数日間乾燥させてからニスを剥がす、という工程に

なります。



こんな感じで、ニス部分を剥がすわけです。

で、説明書にこう書いてあります。

「数日間乾燥させて、水分が無くなってからニスを剥がせ。さもないと、デカールが

欠けるぜ」と。

ええ、2日間乾燥させたんですよ。しっかりと。ええ・・・



・・・・・



・・し、慎重にやったんですよお・・



ホント、簡単に欠けやがります。

2日の乾燥じゃあ、じゃだめなんすかねえ・・。





ルネッサンスやコロラドデカールは簡単には手に入りませんので、

ホントは嫌なんですが、仕方ないので・・



またポチりました・・・orz

小遣いが・・



貼りなおしました。

ホントは屋根の部分を含め、Panachの下にはラインがあるんですが、仕方ないので

このままです。はあ・・。

あと、グループAのマークも違うので、ジャンクデカールから差し替えました。

また、ラリープレートに貼るゼッケン番号8ですが、なぜか全て砕け散りました・・。

仕方ないので、



037のジャンクデカールの8の部分を流用。



何とか。。

てゆうか、さっくり作ってホビーフォーラムに間に合わせるつもりが、無駄な

時間と金がかかってます・・・。

ただでさえデカールが超へたっぴなのに、ミューコレさんのハクリデカール、

メリットもたくさんあるんですが、扱いがデリケートなのがワタシには難点です。

前に作ったマクラーレンは全然欠けなかったから、製品で状態が違うのかなあ・・。

もう、ニスを剥がさないでクリアかけよっと。


いずれにしても、もっと慎重に作業しなきゃ。

あ、このシエラ、ホビーフォーラムへは間に合わないことが決定しました(笑)


フォード シエラRSコスワース(3)

気持ちばかり焦って、手が進まないという状況ですが、ホビーフォーラムに間に合う

かどうか、瀬戸際の進捗です。




とりあえず、デカールはミュージアムコレクション製を使用します。

ミュージアムコレクションのハクリデカールのほかに、ルネッサンス、コロラドデカール

製がありますが、入手性の観点から、致し方なしかと。

ただなあ、相性が悪いんだよなあ。。難しいというか、何と言うか、、、

まあ、先に進みましょう。

ボディカラーのグリーンですが、デカールで再現されてますが、塗装で行きたいと

思います。



前回は、グリーンが明る過ぎたので、手持ちのグリーンを引っ張り

出して、慎重に調色、検討し、

クレオスのモウリーグリーン7:ガイアのボトムズカラーのダークグリーン(2):3

で調色したものを塗装します。感覚は主観ですので。。。

推奨されている、T社のブリティッシュグリーンはちょっと濃いかなあ、というのと

取り扱い性の観点から、パスしました。(T社は乾燥が遅いっていう・・間に合わないし)

バルケッタ社製のブリティッシュグリーンもありましたが、今回はパス。


マスキングして(こんなんでも2時間)



グリーンを吹きました。



グリーンの感じはいいですね(主観)

窓枠も、黒く塗装を済ませました。

てゆうか、ガッタガタだなあ・・・。

とりあえずこのまま行きますが、ホビーフォーラムのスケジュールに追われて製作を楽しめない

のは本末転倒ですので、焦らずじっくり楽しんで製作したいと思います。


何か、嫌な予感がするなあ・・・・・。


 

フォード シエラRSコスワース(2)

やばい台風が接近中ですね。

みなさん、くれぐれも気をつけてくださいね。


さて、先日ラリーカーズが発売されましたね。



スイフト(イグニス)っすよ。スイフト。

こういった車種にもスポットライトを当ててくれて、本当に嬉しくなりますね。

スイフト大好きなんですよ。え?何でかって?



愛車ですから(笑)

どっか、プラのインジェクション、24で出してくれないですかねえ。



シエラですが、ホビーフォーラムまで時間がありませんから、サクサク行きたいんですが、



段差の処理をしていなかったり・・(俺のばか・・・)



給油口がでかすぎて、丸だったり・・(実車は楕円)

いろいろ修正に手間がかかります・・・

うーん、絶対まにあわない・・・

フォード シエラRSコスワース(1)

以前、荷崩れをおこしてフィエスタが破損してしまった事はお伝えしましたが、

実は他に何台か多重事故を起こしておりました・・・。



この037ですが、箱が落下してて、、、、



エンジンブローです・・。一部バラバラに・・。ヒンジが行方不明になりました。

ちなみに、リアカウルは着脱式にしておりました。

再びエンジンパーツを接着していきましたが、カウルが閉まらなくなりました・・・。

もういいや、今度今度。


で、もう一台落下破損しておりましたのが、



フォードシエラRSコスワース、1988年のコルス優勝車、オリオールですね、



リアウイング、タイヤ脱落。サイドミラーは両方ともなぜか行方不明(笑)



もう5、6年前にコロラドデカールを使用して製作したものです。

まあでも、ものすごくひどい出来なので、良いんですけどね。塗装再現したグリーンは

明る過ぎましたし、ホイール、タイヤはハセインプそのままで5穴のまんまっていう。

ボディの処理も全然ですし。デカールも、ものすごく貼り心地は良くて感動した記憶は

あったんですが、足りない部分やミスが多く自作再現等で難儀しました。水色の

ストライプとか明るすぎでしょ。
 
内装も超適当で、よそ様にお見せできる代物ではありません。お見せしましたが・・(笑)




これは実車写真。うーん、かっこいい。

で、今回はこいつをリメイクしてみようと。

ホビーフォーラムのお題であるフォード車というのもあるんですが、しっかり成仏させて

みようと思います。まあ、ホビーフォーラムには絶対間に合わないだろうなあ・・。

間に合わせたいなあ。


とりあえずは、同じコルス仕様で作りたいと思います。本当は他の仕様が良いんですけど、

デカールがまだ届かなくて・・。

まずは、ボディ塗装の剥離から。

とりあえず、外装品の分解をしてみます。

 

何とか剥がれました。



イソプロピルアルコール、水抜き剤を用意しまして、



ケースに入れて、上からティッシュをかけてザバッと。まる一日放置しました。



歯ブラシでこすって、一皮むけました♪

しかし、思った以上に酷い下地処理でした・・。五年前の俺のばか・・。



サフ吹いて・・・。うーん、フロントのエポパテの処理跡がガタガタですね。

サクッと出来るかと思いましたが、こりゃ普通に時間がかかりそうです・・。

ホビーフォーラムの出展はナシで・・orz
 

プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2018 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]