忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

ポロWRC(1)

さて、次の製作は、これをいってみたいと思います。



BELKITSの「ポロ R WRC」2013年仕様でいきます。
いわゆる素組みってやつです。

実は、BELKITSのキットを製作するのは、初めてだったりします。

ちょっと楽しみです。

実車の画像です。



かっこよろしおすなー。

画像はオジェですが、ラトバラでいきます。

ではさっそく中身を見てみます。



うーん、中身ぎっしり♪

ボディパーツの変形のないよう、箱に入っている心づくし。いいですねえ。



ボディもなかなかシャープで、いいじゃないですかあ。

これで、エッチングやシートベルト等が入って5800円なら、あながち高いことは

ないかな、と思ってしまいます。

ちょっと、デカールが、ん?な点もありますが、まあいいや。



とはいえ、パーティングラインはしっかり入っていますので、しっかり処理しましょ。

 カクカクボディがかっこいいので、エッジを立たせることを意識して、ペーパーかけ

しておりまする。

エアインテークは塞がっていたので、ナイフとヤスリで開口しました。



あと、この時点でボディにアンテナやGPSを取り付ける穴を開けておく工程があります。

説明書を見ると、ルーフには1.3mmや1.6mmの穴を、ピンバイスで開けやがれ、と

ありますので、コリコリ開口します。

んが、ライトポッドの取り付け穴についても、1.3mmの穴を開けろとあります。

ん?アンテナとかは、部品を差込んで固定する穴なので別に何ミリの穴でも大丈夫ですが、

ライトポッドを外したときに、ボンネットに1.3mmの穴が開いてるのって結構大きくないです

か?(実車換算で、3cm以上)

ネオジム磁石を仕込むのも難しそうなので、悩んだあげく、ライトポッドのダボを切り飛ばし、

虫ピンに置き換えることにしました。



うわ、写真が暗くてすいません。

とりあえず、これでボディに大きな穴をあけずに済みました。まあ、ライトポッドを

着けなきゃいい話なんですけど・・。

このあと、フィニッシャーズのファンデーションホワイト、ガイアのアルティメットホワイト

を吹いてしまいました。



俺にしては、随分順調だなあ・・。

何か、落とし穴があるんじゃ・・・・・。




PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2017 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]