忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

BMW M3(1)

どうもこんにちは。

今日は、とても良い天気でしたね。



とても暖かくて、気持ちよかったですね。



さて、来年のお題が、「Gr.A」に決まった、という事で、どんどん製作していきたいと

思います。いろいろ悩んだんですが、サクッと作れるかと思いまして、



これをいきます。BeemaxのM3です。ええ、バリバリのGr.Aですね。

以前からM3は作りたくて、フジミのM3を改造して、、、と思ってましたが

膨大な労力をかけて作れる自信はなく・・、フジミのキットは長い間積まれて

おりました。しかし、BeemaxのM3が出たということで、フジミのM3は箱を開ける日が

来るのか・・・・・来ないかも(笑)




 
まあ、いろいろ仕様がありますが、



マーク.デュエッツのFINAカラー、うーんかっこいい。



キットの仕様、シャトリオのBASTOSカラー。

もちろんカッコいいですし、絶対作りますが、さすがにBASTOSカラーは飽きました。

で、今回はこれをいきましょう。




1987年、ツールドコルス優勝車、ベルナール.ベガンのロスマンズM3です。

ロスマンズカラーが、この上なくかっこいいです。




パーツを確認していきますが、おお、梨地だ・・(笑)ザラザラしてますね。

 

研ぎ出しの邪魔なので、キャッチピンを切り出しますが、結構良いモールドなので

綺麗に切って、後で使おうかな。



てゆうか、7箇所もキャッチピンついてたので焦りましたが、ラリー仕様は

4箇所なのね。



どうせ見えないウイング裏も、ピン跡が盛大にありますので、埋めときます。



ボディの下地処理を、800番→1000番のヤスリで水研ぎしていきます。

ヒケやパーティングラインも結構ありますので、処理していきます。

リアウイングが、気持ち撓んでたので、



ドライヤーで、気持ち真っ直ぐに修正。変わんないか・・・。



サフを吹いて、ヤスリで一皮むきました。まあ、いつものように凡ミスをやらかしてるので

修正しつつ、進めていきます。





PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2018 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]