忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

ホビーフォーラム2018

どうもこんにちは。

昨日は、年に一度のビッグイベント、ホビーフォーラム2018が、横浜は大桟橋にて

開催されましたよ。



毎年、似たような画像で恐縮です(汗)大桟橋から山下公園方面を望む、の図。

この光景がすきです。

てゆうか、今年は自宅出発予定時刻を過ぎて起きるという寝坊をかまし、痛恨の凡ミス

スタートとなりました。でもまあ、かっ飛ばして道も空いてたので、概ね予定通りに

到着しましたよ。



今年のクラブのお題は、「グループB」でした。

ちゃんと数えてないですが、50台以上はありましたよね。

そして、重ねての凡ミスは撮ったつもりの写真が、手ブレがひどくとても掲載
 
出来ないものが多いって事です・・。うう、すみません。

少ない画像ですが・・。



メンバー、Dすけさんの205EVO2です。なんとエレールです!

手前がエレールのキット、奥がDすけさん渾身のエレール改造EVO2.

いやもう、ほんとに凄いっていう言葉しか出てきませんって。



同じくDすけさんのRS200。モデラーズ製のポルトガル仕様。



ワタシのREJIと並べて。

うーん、こりゃ比較にならないほどかっこいいですよ。

てゆうか、RS200のこの2ショット、あまり見ないですね。



これは、セナさん作のBelgaTA64、メンバーの方のオリジナルキット。

手前のワタシのはタイヤがでかすぎてドラッグカーみたいです・・・・。



手前からメンバーのKENさん、Dすけさん、セナさんのS4。

いずれもKENさんオリジナルトランスキット製。

マルティニじゃなく、トティップカラーもかっこいいっす。このS4の獰猛な感じ

すごくいいですよね。



サンクターボマキシ。いずれもKENさん作ですが、左がモデラーズ、右が

スクーデリアイタリアのキットを徹底的に改造したほぼスクラッチ。

3Dプリンターで出力したエンジンパーツは、触ったら折れてしまいそうなほど

精密な構成。もはや本物にしか見えません。



hamadaさんのアスコナとマンタ。BASTOSのコラボが素敵です。

てゆうか、このプレートとかもカッコいいですよねえ。




だいぶボケてます、すいません・。クアトロS1のそろい踏み。

真ん中は、発売されたばかりのBeemaxのS1、両端はKENさん、セナさんの作品。

Beemaxとの違いやポイントがじかに見れて、勉強になりました。

てゆうか、モンテとサンレモで、細かい違いが沢山あるんですね。知りませんでした・。





これは、SEMさんのどなたかの作品。あの西部警察の名シーンですかね。

とてもダイナミックです。

ドラマ内では、無事に川を渡ったことになってますが、オープニングの

映像を観ると、このあと前からひっくり返っちゃってるんですよね。確か。

今じゃ、こんな濃厚なドラマ観れないんでしょうね・・。




ごめんなさい。画像がこんなもんしかなくて・・。他のサイト様に沢山アップされて

ますので、そちらをご覧くださいませ。








そして暮れていく横浜港。好きな景色です。



今年も、ホビーフォーラムに参加させていただき、有難うございました。

素敵な作品を沢山拝見させていただき、また、沢山の方とお話させていただき

非常に素晴らしい時間を過ごすことができました。また1年、頑張ろうという

気持ちにさせていただきました。

また来年も、よろしくお願い致します。




そして帰宅後、今回の買い物の成果を広げてみる、の図。

今回は、キットは3個しか買ってないんですよ。

いやあ、去年は10個くらい買ってますから。随分大人になりました(笑)


来年のクラブのお題は「グループA」+N  

今回のキットの買い物とは、全く関係ありませんが、明日からまた、楽しく

製作していきたいと思います。





PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2018 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]