忍者ブログ

青い海へと続く道

ラリーカーを中心とした車の模型や、備忘録的ブログでございます

ギャランVR-4`92(6)

どうもこんにちは。

ギャランです。

ギャラン、ギャラン・・・・、ギャランドゥ・・・

そもそも、ギャランドゥって何語でしたっけ?

ちょっと調べたら、何語でもなく、でたらめ英語、造語だったみたいですね。

へそ毛という意味ではないみたいです。

すいません、どうでもいいですね(笑)
 


とりあえず、ウレタンクリアを吹いてみました。いつものエコロックハイパークリアー

です。3回ほど吹き重ねてから研ぎ出し、さらに希釈して吹き重ねてます。
 


トレカット3000番→ラプロス6000番→ラプロス8000番からの、



コンパウンドがけです。いつものぺいんとわーくすさんのウルトラコンパウンドです。

まあまあかなあ・・。

このあと、細々と外装部品を取り付けていきます。


ちょっとシャーシを。

そのままだとかなり車高が高いので、



プラパイプでホイールの位置決めをする、裏は見ちゃィヤーン作戦でいきます。

2mmのプラパイプをシャーシに接着して、ホイールを付けてみました。



ちょっとリアが下がりすぎの。フロントが気持ち上がりすぎかな・・。

ちなみに、ホイールはBeemaxのST165サファリ仕様のやつです。



リアのパイプを1.5mmかさ上げして、フロントを0.5mm下げてみました。


 
どうかなー、良くわかんないですねー。



結構良い感じになってる気がします。

むむう・・、カッコ良いぞ・・





ちなみに、GALLANTは、英語でも仏語でも「勇敢な」という意味みたいですね。

へそ毛じゃないみたいです・・・・。
 
 
  
  
 
  
  
  
  
  
PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
P R
プロフィール
HN:
meg
性別:
男性
自己紹介:
ン十年ぶりに模型を再開した出戻り野郎です。下手は重々承知ですが、皆様に見られるのを意識することで、きっと上手くなると信じて、日々頑張ります。上手くなりたいなあ。
  Copyright 2019 青い海へと続く道 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]